えっ!当然ワクチン2回接種してても『パウエル元米国務長官が死去』


パウエル元米国務長官が死去、新型コロナ感染症の合併症で-CNN
…(ブルームバーグ): コリン・パウエル元米国務長官が、新型コロナウイルス感染症の合併症のため死去した。CNNがパウエル氏の家族が投稿したフェイズブッ…
(出典:Bloomberg)


 米CNNテレビは18日、パウエル元米国務長官が死去したと伝えた。84歳だった。新型コロナウイルスに感染していたという。

【えっ!当然ワクチン2回接種してても『パウエル元米国務長官が死去』】の続きを読む


どこの企業だ?そりゃぁ、ひどいね。辰ちゃんの顔に泥を塗り浮かばれないね。


梅宮アンナ「余りにも残酷で、余りにも酷い行為」父・辰夫さんの看板写真が黒塗り…生前契約の会社の対応を非難
 タレントの梅宮アンナ(49)が18日、インスタグラムを更新。19年に亡くなった父、辰夫さんの写真が使われていた広告看板が黒塗りにされたことを嘆いた…
(出典:中日スポーツ)


タレントの梅宮アンナ(49)が18日、インスタグラムを更新。19年に亡くなった父、辰夫さんの写真が使われていた広告看板が黒塗りにされたことを嘆いた。
 アンナは「今日は、余りにも、悲しい出来事をお話しです。余りにも残酷で、余りにも酷い行為に。。。涙が出て。。。悲しくて。。」と切り出し、写真5枚を投稿した。


 写真はビルの上に掲げられた「美術品 鑑定 買取」をPRする看板で、アンナは「こちらの写真は、東京都世田谷区内、環八通りに面するビルの写真になります」と説明。一部が黒く塗りつぶされ、「こちらは、顔だけ黒く塗られたのは父です」と添えた。

 アンナによると看板を掲出している会社と辰夫さんは生前に契約していたが、2020年に契約期間が終了。辰夫さんが亡くなったことから他の看板は取り下げられ、この1枚だけが残っていた。

 これにアンナは「個人的には、写真を見るたび、心は、ほっこりもしますが。。この世に存在しない人は、どうなのかな?と。この様な使い方は、ちょっと。。と。」と、複雑な思いを吐露。しかし会社側が現在もチラシやWEB、看板で辰夫さんの肖像を利用していることが分かり、「この先、まだ、使用したいのであれば、キチンと契約するか、写真を取り下げるか」と弁護士を通じて伝えたという。

 その結果、17日に看板が黒塗りされていることを発見したアンナ。「顔だけ黒塗りになった父を見つけて。。びっくりでした。しかも、顔だけ黒のガムテープらしきもので。なんか、縁起でもなくて、怖かった。。なんて酷い事をするのだろう。。何故顔だけ??」と不信感を募らせた。

 さらに「人の写真を黒く塗り潰す行為は、良くありません」「わたしは、人を雑にしたり、人を甘く見る人が苦手です。。」と非難。「この風景が、イチニチも早く変わる事を切に願います。。」と期待しつつ、「もっと早くに父と、この会社様をキチンと綺麗に切り離すべきでした」とした。

中日スポーツ

【どこの企業だ?そりゃぁ、ひどいね。辰ちゃんの顔に泥を塗り浮かばれないね。】の続きを読む


面白くなってきましたね、『青天を衝け』大島優子も大河ドラマ出演で大女優の一人だね。


大島優子、初大河に「喜びと興奮」 『青天を衝け』渋沢家の発展に一翼担う伊藤兼子役
 女優の大島優子が、放送中のNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に出演することが決定した。自身にとっての大河ドラマ初出演…
(出典:オリコン)


女優の大島優子が、放送中のNHK大河ドラマ『青天を衝け』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)に出演することが決定した。自身にとっての大河ドラマ初出演にして、クライマックスを迎える物語において、日本経済の要となっている最中の渋沢栄一(吉沢亮)と深く関わり、渋沢家の発展にも一翼を担うことになる重要な人物を演じる。

大島が演じるのは、「伊勢八」の名で知られた豪商・伊藤八兵衛の娘の伊藤兼子(かねこ)。明治維新後、家業が大損失を出して没落してしまう。路頭に迷う妹たちを女手ひとつで養うため、芸者として身を立てることを決意。門を叩いた置き屋で、三味線の師匠として出入りしていたやす(木村佳乃)と出会う。

 初めての大河ドラマ出演に大島は「お話が来たときは、喜びと興奮で、歓声をあげました。しかし、その歓(よろこ)びも束の間、もうゴールが見えてきているではありませんか。この作品を彩ってきたスタッフの皆様、そして出演者の皆様、携わっているすべての方の費やしてきた時間と重みを一身に受け止めて、大切にバトンを握り締めようと心に決めました」と充実感と責任感を背負い、「最後まで、振り落とさずに走り抜けたいと思います。応援のほど、よろしくお願いします」と意気込む。

 ストーリーはラストスパートへ突入。栄一が飛び込んだ商いの世界には、まさに魑魅魍魎(ちみもうりょう)が 跋扈(ばっこ)していた。新政府を辞め、実業界の先頭をひた走る栄一。一筋縄ではいかない強力なライバルたちとの戦いの火蓋が切られる。その熾烈(しれつ)な戦いのさなか、家族にも大きな出来事が……。栄一は夫として、父として、家族を守り、未来へとつなげていくことができるのか。

【面白くなってきましたね、『青天を衝け』大島優子も大河ドラマ出演で大女優の一人だね。】の続きを読む


『小室圭さん、「逃げるは恥だが役に立つ」皇室に興味ないが皇室関係者の肩書があればいい。


小室圭さん、秋篠宮さまに挨拶も「今後二度と会わない」可能性 “逃げ恥”状態か
 秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんが10月18日、赤坂御用地内で約3年ぶりの再会を果たした。さらに、小室さんは秋篠宮ご夫妻に結婚の挨拶をした。小…
(出典:NEWSポストセブン)


秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭さんが10月18日、赤坂御用地内で約3年ぶりの再会を果たした。さらに、小室さんは秋篠宮ご夫妻に結婚の挨拶をした。小室さんは約3時間半にわたり御用地内に滞在し、12時45分頃、赤坂御用地を出た。

「小室さんは、秋篠宮さまとまったく会うことなく、結婚をするのではないかとも言われていましたが、クリアできていない問題も多いなか、秋篠宮さまとしても、ご確認したいことがたくさんあったのでしょう」(皇室ジャーナリスト・以下同)

 まず、大きな問題となっているのが、小室さんの母・佳代さんの金銭トラブルや不正受給疑惑だ。

「当然ながら、小室さんとしても、これまでのトラブルへの対応について、しっかりと秋篠宮さまに説明する必要があります。もしも、このまま説明もなく結婚してしまったら、“秋篠宮さまが疑惑を見逃した”という形になってしまいます。皇室としても、それは避けたいところでしょう。

 そして、小室さんはニューヨークの法律事務所に就職していますが、眞子さまの生活がどうなるかについては不透明な部分も多いままです。さらに、ニューヨークでの警備の問題も重要です。眞子さまが一時金を辞退されるとなると、日本国内で生活するよりも多くかかるというニューヨークでの警備費をどう捻出するかも大きな問題です」

 しかし、本来であれば、正式に結婚が決まる前に、これらの諸問題について小室さんが秋篠宮さまに説明すべきだったはずだ。

「眞子さまが結婚に対しての意志が固かったがゆえに、秋篠宮さまも結婚を認めるしかなかったという部分もあるかと思います。ただ、秋篠宮さまご夫妻が描いていた結婚とはかけ離れたものになったであろうことは間違いないでしょう。

 そして、小室家に関する一連の疑惑は、これまでの皇室の歴史から考えるとあり得なかった事態であり、宮内庁としてもどうにか国民からの反発を収めたいという狙いもあったはず。だからこそ、正式に結婚することになったのも、どうにか祝福ムードを盛り上げたいという思惑があったとも言われています」

 今後、小室さんが秋篠宮さまと面会する機会は、ほとんどないのではないかとも言われている。

「言い方はとても悪いのですが、眞子さまと小室さんの結婚は、これ以上小室家の騒動が“皇室の問題”とならないようにするためだという見方もあります。皇室のイメージダウンを回避するという意味でも、秋篠宮家と小室家が積極的に関わっていくことはほぼないと思います。もちろん秋篠宮ご夫妻は眞子さまのサポートをされることはあるでしょうが、そこに小室さんが関与することはないとみられます。今回の面会が、秋篠宮さまと小室さんが会う最後の機会となる可能性も高いと思います」

 小室さんにとって皇室との関わりがほとんどなくなることは、むしろ好都合だという側面もある。

「これ以上世間からの注目を浴びたくない、というのが小室さんの本音でしょう。皇室との関わりがなくなれば、報道陣からの注目度も下がり、平穏な生活を送ることができる。眞子さまとニューヨークへ移り住み、日本から物理的な距離を置くとともに、世間からも距離を取ることができるのです。それが眞子さまと小室さんの願いであり、皇室のイメージを保ちたい宮内庁の狙いでもあるわけです。秋篠宮さまとしても、もうここまできたら大人である2人に任せるしかないという思いなのではないでしょうか。

 しかし、小室さんは結婚をすることで“将来の天皇陛下の義兄”となるのは事実です。そして、“皇室関係者”の肩書きをニューヨークでの仕事に活かしていく可能性も高い。皇室と直接的に関わることなく、“皇室関係者”としての恩恵を得られるという点で、小室さんのメリットは大きいと言えるのです」

 儀式を行わず、一時金も辞退するという異例の形で、なおかつ数々の疑惑の解決しないままの結婚となる眞子さまと小室さん。このままニューヨークへ戻る小室さんは、「逃げるは恥だが役に立つ」といった心境なのかもしれない。

【『小室圭さん、「逃げるは恥だが役に立つ」皇室に興味ないが皇室関係者の肩書があればいい。】の続きを読む


いつかドラマに起用されたら応援します。『日本一“制服が似合う10代”が決定』


日本一“制服が似合う10代”が決定 益若つばさ絶賛の中学2年生「原石を見つけた!」
 制服が似合うNo.1ティーンを決めるオーディション『JAPAN SCHOOL UNIFORM GRAN-PRIX 2021』の発表会が17日、都内…
(出典:オリコン)


制服が似合うNo.1ティーンを決めるオーディション『JAPAN SCHOOL UNIFORM GRAN-PRIX 2021』の発表会が17日、都内で行われ、栃木出身の中学2年生・山本梨愛さん(やまもと・りな/14)がグランプリに輝いた。

応募総数1352人の中で頂点に立った山本さんは、「トンボ学生服」のスクールウェアモデルとして1年間起用されるほか、芸能事務所・エイジアプロモーションへの所属が決定。特別審査員を務めた益若つばさが「審査員、満場一致。オーディション中もオーラがキラキラしていて、雰囲気だけで皆さんを魅了できる。原石を見つけた! という感じです」と絶賛するほどの逸材だ。

 グランプリ決定の瞬間、山本さんは「まさか私がグランプリに選んでいただけると思ってなかったので本当にうれしいです」と感無量の表情。今後は、モデル・女優業を志しているといい「目指している女優さんは永野芽郁さん、モデルさんは田中杏奈さんです」と目を輝かせた。

 グランプリのほか、準グランプリに福岡出身の高校1年生・陣野小和さん(じんの・こわ/15)、審査員特別賞に愛知出身の中学3年生・古沢わつらふさん(14)、大阪出身の高校3年生・植松優音さん(うえまつ・ゆらら/18)が選出。特別審査員として益若、近藤千尋、田中杏奈が参加した。

【いつかドラマに起用されたら応援します。『日本一“制服が似合う10代”が決定』】の続きを読む


流石です、YouTubeチャンネルでバズってるうちに吉本戦略で各局も起用『レギュラー16本!『かまいたち』がテレビ局から「モテモテの訳」』


レギュラー16本!『かまいたち』がテレビ局から「モテモテの訳」
…9月中旬、有楽町(千代田区)のニッポン放送から慌ただしくタクシーに乗り込むのは、大人気お笑いコンビ『かまいたち』の濱家隆一(37)と山内健司(40)…
(出典:FRIDAY)


9月中旬、有楽町(千代田区)のニッポン放送から慌ただしくタクシーに乗り込むのは、大人気お笑いコンビ『かまいたち』の濱家隆一(37)と山内健司(40)だ。いまやバラエティ番組、ラジオ、ネット配信番組で16本のレギュラーを持つ超売れっ子芸人である。多忙を極める彼らは毎日のように分刻みで移動する生活を送っているという。各局から「モテモテの理由」を日本テレビのディレクターはこう話す。

「自身のYouTubeチャンネルの登録者数が100万人以上で若者にバズっていることが理由の一つです。彼らのファンは特に10~20代の女性が中心。普段、テレビを見ない若年層のYouTube視聴者が『かまいたち』目当てにテレビを点けてくれるんです。さらに濱家さんが朝の情報番組に出ていることによって女性人気を確実なものにしているのも大きいと思います」

『かまいたち』は’17年に『キングオブコント』王者となり、『M-1グランプリ』でも同年から3年連続決勝進出を果たしている。

「下積みが長かったため、単独ライブ経験が豊富なのでネタの完成度も高く、レパートリーも多い。『かまいたち』の強みは”ハングリー精神”です。山内は『誰よりもカラダを張ったる』と、先輩の出番を食ってでも前に出ますから(笑)。

濱家は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)でイジられキャラになってから東京での立ち位置を確立しましたね。二人とも芸だけではなくて”後輩力”が高くて、礼儀正しさも若手ナンバーワン。共演した多くの先輩芸人から信頼を得たのも大活躍の秘訣だと思います」(吉本興業所属の中堅芸人)

いまやテレビで見ない日はない二人。その人柄にも”モテ要素”があるという。

「あれだけ売れているのに少しも天狗になっていない点も好感度が高い。今年の初めに事情があって山内さんにノーギャラでスタジオ出演してもらったんです。ギャラがないにもかかわらず台本をしっかり読んで、打ち合わせにも真面目に取り組んでくれました。キャスティング会議では派手な『お笑い第7世代』よりも、実力がある6.5世代の芸人を使いたいという声がよく上がります。その中で、『かまいたち』の名前が挙がる回数は圧倒的に多いですね」(テレビ局プロデューサー)

大活躍のウラには『吉本興業』の”人気戦略”もあるのだという。

「『かまいたち』はブレイクしてから5年未満でギャラが比較的安いんです。ギャラが安いうちに各局にどんどん起用してもらって、冠番組を持たせる。とにかく名前と顔を覚えてもらうという上層部のねらいがあるようです。基本的に仕事は断らないスタンスですしね。将来的には『千鳥』のような看板芸人になっていくことを期待されています」(吉本興業関係者)

忙しいのはいいことだが、くれぐれも身体にはお気をつけて……。



『FRIDAY』2021年10月8日号より

【流石です、YouTubeチャンネルでバズってるうちに吉本戦略で各局も起用『レギュラー16本!『かまいたち』がテレビ局から「モテモテの訳」』】の続きを読む

このページのトップヘ