紗栄子知らぬ間に犯罪の片棒担いでた!『紗栄子ショック 広告塔報道の農園が投資詐欺容疑で5人逮捕』


紗栄子ショック 広告塔報道の農園が投資詐欺容疑で5人逮捕
…10月17日、クレジットカードを利用した投資話や現金を預ける資産運用を持ち掛け、多額の現金を集めたとして、愛知県警生活経済課は17日、観光農園を経営…
(出典:女性自身)


10月17日、クレジットカードを利用した投資話や現金を預ける資産運用を持ち掛け、多額の現金を集めたとして、愛知県警生活経済課は17日、観光農園を経営していた「西山ファーム」(破産手続き中)の幹部・伊藤弘敏容疑者(37)と、出資者の勧誘役だった花本将光容疑者(32)、松本真一郎容疑者(34)、松井孝朗容疑者(33)、山田光賢容疑者(34)のあわせて5人を詐欺容疑で逮捕した。

「投資話は副業ビジネスとして、東海地方などで若い世代を中心に拡大したといい、被害者は全国に約1500人、被害総額は約20億円ほど。元幹部らは133億円を集めていたとみられています」(地元紙記者)
 捜査関係者などによると、同社は15年~18年にかけ、自社生産した桃などの果物を海外に販売する名目で「クレジットカードで商品を決済してくれれば、商品代に利益を上乗せして返す」などと、口コミなどで投資を募っていたという。

「同社はクレジットカードの決済システムを悪用して、架空取引を繰り返し、資金を集めていた疑いがあります。19年2月ごろには、同社から投資者への支払いが途絶えたそうです。被害者らの一部は東京、大阪、岡山各地裁で同社などを相手取り、損害賠償を求めて提訴しています。ですが、19年には、愛知県警が全国の支店一斉に家宅捜索を実施。西山ファームは多額の負債をかかえて破産していました」(前出・地元紙記者)

 実はこの「西山ファーム」に関して、19年5月の『週刊新潮』で、タレントの紗栄子(34)が、“農園の広告塔”だったのではという疑惑を報じている。
 同誌によると、紗栄子は18年の夏、岡山の果樹園に桃狩りに行ったことを自身のインスタグラムに掲載。《私が西山ファームに来たら必ず飲む、桃のスムージー》(18年7月26日)など、何度もその果樹園を紹介し、まるで広告塔のような存在になっていたという。
「当時の記事では、その果樹園の関係者が詐欺的行為を働き、1人平均600万円ほどの被害を訴えているという内容でした。農園の関係者は詐欺行為を否定し、紗栄子の事務所は農園の宣伝に協力していたことは認めたものの、詐欺的な行為に関しては一切知らなかったと主張していました」(スポーツ紙記者)

現在、警察は海外にいる元副社長の山崎裕輔容疑者(40)の逮捕状をとって行方を追っている状況だという。紗栄子も被害者だったようだが、真相の解明を待ちたい。

【紗栄子知らぬ間に犯罪の片棒担いでた!『紗栄子ショック 広告塔報道の農園が投資詐欺容疑で5人逮捕』についてTwitterの反応】の続きを読む


3歳にしてこの稼ぎ、両親うはうは、笑いが止まらない。『“3歳の天才歌姫”ののちゃんのギャラは600万円!? CMオファー殺到で「気になる稼ぎ」』


“3歳の天才歌姫”ののちゃんのギャラは600万円!? CMオファー殺到で「気になる稼ぎ」
…「いーぬーのーおまわりさん♪ こまってしまってわんわんわんわーん……」  かわいらしい振り付けで童謡『いぬのおまわりさん』を歌う小さな女の子─そう、…
(出典:週刊女性PRIME)


「いーぬーのーおまわりさん♪ こまってしまってわんわんわんわーん……」

 かわいらしい振り付けで童謡『いぬのおまわりさん』を歌う小さな女の子─そう、昨年11月に開催された童謡歌唱の全国大会『童謡こどもの歌コンクール』において、なんと2歳(当時)で最年少入賞を果たした“ののちゃん”こと村方乃々佳ちゃんだ。

 あまりのキュートさと2歳児とは思えない堂々とした歌いっぷりで瞬く間に人気者に。童謡合唱団・音羽ゆりかご会を主宰する一般社団法人・日本童謡学会理事長の海沼実氏も、ののちゃんの歌声に驚いたひとりだ。

「音程や発音の滑舌、音感は同年代の子どもに比べて進んでいるなと感じます。それより何より、ののちゃんのように、もともと持って生まれた自分本来の声……“自然発声”をベースに歌うというのが童謡本来の姿なんです。昔は、ののちゃんのように歌う子どもや童謡歌手がたくさんいたんです。例えば、美空ひばりさんだとか松島トモ子さん」

 だが昭和30年代以降、いわゆる合唱的な歌唱─子どもたちが裏声で歌うような歌唱が、学校教育の現場などで推奨されるように。

「ののちゃんのように童謡を歌える子は、今の時代、なかなかいません。そういった意味でも注目されているのだと思います」(海沼氏)

 そんな“希代の歌姫”を大人が放っておくはずがない。

「今年初めにYouTubeチャンネルを開設すると登録者は1年足らずで47万人。5月には大手レコード会社からCDデビューし、6月にはフォトブックを出版。夏には『東京ガールズコレクション』にも出演しました。所属事務所にはバラエティー番組はもちろん、ドラマからも出演の話が来ているそう」(テレビ局関係者)

大手企業のCMに引っ張りだこ
 中でもオファー殺到中なのがCM。ののちゃんは現在、アース製薬、花王、東芝と超大手企業のCMに出演中。CMソングを一生懸命、楽しそうに歌っているのだが、これだけの活躍を見せていると、どうしても気になってくるのは……“お金”。いったい、いくら稼いでいるの!?

「テレビの世界では子どものギャラって安いんです。そこそこ顔が売れている子役やチャイルドモデルでもCM1本10万、20万円の世界。子役当時の芦田愛菜ちゃんとか鈴木福君は“マルモリ”のころは、1本1000万円とも1500万円とも言われていましたが、それは例外中の例外」(広告代理店関係者)

 その中で、ののちゃんは、あくまでも子役ではなく“アーティスト”扱いだという。

「大手クライアントが飛びついたことでキャスティングのギャラも上がっているようです。1本600万円とか800万円が相場だと聞いていますが、これからさらに上がるかもしれません。YouTubeの広告収益も考えると年収2000万円……いや、3000万円を超えていても、まったくおかしくないですよ」(同・広告代理店関係者)

 ののちゃんの所属事務所に今後の活動について尋ねると、

「なにせまだ小さい子どもですから。まずは本人が“楽しい”と思うお仕事を、ご家族と一緒に考えながらやっていけたらと思っています」

 今後がちょっぴり心配なのは、やっぱり余計なお世話!?

【3歳にしてこの稼ぎ、両親うはうは、笑いが止まらない。『“3歳の天才歌姫”ののちゃんのギャラは600万円!? CMオファー殺到で「気になる稼ぎ」』】の続きを読む


普段ドラマは見ないけど何気にみたら家族で見入ってしまった『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』


杉野遥亮「恋です!」でヤンキー役を好演 “母性本能くすぐる系”演技でブレークの予感
 杉咲花(25)主演の連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系、水曜夜10時)が、先週6日にスタートした。 ■視聴率1ケタ発進…
(出典:日刊ゲンダイDIGITAL)


杉咲花(25)主演の連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系、水曜夜10時)が、先週6日にスタートした。

■視聴率1ケタ発進も

 弱視のユキコ(杉咲)と顔に傷があるヤンキーの森生(杉野遥亮=26)の恋を描いた物語。初回視聴率は世帯8.8%、個人4.8%となった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 2ケタに届かない幕開けとなったが、芸能ライターのエリザベス松本氏は「今回はちょっと裏番組が悪かっただけで、2話以降は数字が上がる可能性は大きいと思いますよ」と話す。

 「NHK朝ドラ『おちょやん』で国民的女優となった杉咲さん主演ということで注目度は高い。初回を見た限り、杉咲さんが演じるユキコは、気が強く、表情豊かで非常に魅力的なヒロイン。夏ドラマの『プロミス・シンデレラ』の二階堂ふみさんを見ても感じましたが、ラブコメのヒロインを演技派の女優さんが演じると、ドラマにぐっと深みが出ますね」(エンタメサイト編集者)

 前出のエリザベス松本氏は、杉咲の相手役である杉野が「今作で大きくブレークする予感がします」とこう続ける。

「杉野さんはヤンキー役にはあまりに線が細く、放送開始前は大丈夫かなと思いましたが、杞憂でした。繊細な心を持ち、真っすぐな森生を、実にノビノビと演じています。ちょっとおバカではありますが、放っておけなくなるような母性本能をくすぐる系の演技は、回を重ねるごとに視聴者から評判を呼びそうです」

杉野はこれまで数多くのドラマや映画に出演しており、今年放送されたテレビ東京系連ドラ「直ちゃんは小学三年生」では主演も務めた。だが、インパクトに欠けるあっさり系の塩顔のせいか、〈顔と名前が一致しない〉と話す視聴者も少なくない。

「『恋です!』はラブコメではありますが、白杖を使って歩く人が何を頼りに街を歩いているのか……そういうことが押しつけがましくなくサラッと盛り込まれているのが、とてもいいなと感じました。点字ブロックの上で話し込まない、自転車を止めないなど当たり前のことだけれどうっかり忘れてしまいがちなこと。そういうものを改めて教えてくれるドラマでもあります」(在京キー局関係者)

 愛され女優とフレッシュな若手俳優の共演はどんな化学反応を見せるのか。勝負は2話目からだ。

【普段ドラマは見ないけど何気にみたら家族で見入ってしまった『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』】の続きを読む


凄い、今年の活躍からすれば巨額をだしても惜しくない『大谷はエンゼルスとの契約延長に前向き リーグMVP受賞なら「8年350億円」の超巨額オファーに』


大谷はエンゼルスとの契約延長に前向き リーグMVP受賞なら「8年350億円」の超巨額オファーに
 今季、全米を魅了した二刀流の去就に早くも注目が集まっている。  日本時間4日のマリナーズとのレギュラーシーズン最終戦を前に、今季の総括会見をしたエ…
(出典:日刊ゲンダイDIGITAL)


今季、全米を魅了した二刀流の去就に早くも注目が集まっている。

 日本時間4日のマリナーズとのレギュラーシーズン最終戦を前に、今季の総括会見をしたエンゼルス・大谷翔平(27)は「より多く試合に出られたというのは単純に楽しかったですし、それだけ試合に貢献できる頻度が高いということは選手としてもやりがいがあると思うので、すごく楽しい1年だった」と満足そうに振り返った。

 今季の活躍から、シーズン終盤には複数の米メディアが大谷の去就に注目。今季最終登板となった先月27日のマリナーズ戦後、低迷するチームに対して「このままでは(来季も)勝てない」と不満を表し、エンゼルスへの思いを口にしながらも「それ以上に勝ちたいって気持ちの方が強いですし、プレーヤーとしてはその方が正しいんじゃないかと思います」と移籍願望とも取れる言葉を口にした。それだけに、エンゼルスは大谷がFA権を取得する2023年オフまでに二刀流と長期契約を交わすと予想する記事も少なくなった。

 この日、大谷はエ軍との契約延長について聞かれると「この4年間、一番近くで支えてもらった球団ではあるので、オープンな気持ちで話すと思います」と前向きに話し、さらに「(今オフは)いろんな補強があると思うんですけど、来年一年、どういう選手とできるのかな、というのも楽しみにしています」と球団への愛着も口にした。

 今季は1918年のベーブ・ルース以来103年ぶりの「2ケタ勝利と2ケタ本塁打」こそ逃したが、ルースにも引けを取らない働きを見せた。投げては23試合、計130回3分の1で9勝2敗、防御率3.18。打っては155試合で537打数138安打の打率.257、46本塁打、100打点、26盗塁。本塁打王を獲得したロイヤルズ・ぺレス、ブルージェイズ・ゲレロ(ともに48本塁打)の2人と最後まで熾烈なタイトル争いを繰り広げた。二刀流としてのチームへの貢献度の高さから本塁打王を争ったライバル2人を抑えてア・リーグMVPの最有力候補に挙げられている。リアル二刀流で結果を残し、有力視されるMVP受賞なら大谷の市場価値が高騰するのは必至だ。

「エンゼルスは資金力が豊富な球団だけに早ければ今オフ、遅くとも来季途中までには大谷サイドに契約延長をオファーするでしょう」とスポーツライターの友成那智氏がこう続ける。

「今年2月に2年総額約8億9000万円で新たに契約を交わしましたが、今や大谷はメジャーリーグどころか米プロスポーツを代表するスーパースター。戦力としてはもちろん、集客や球団ビジネスの目玉になる二刀流をFA前に囲い込むことは十分に考えられます。過去にMVPを受賞した選手の提示内容を見ると、ベッツ(ドジャース)が12年総額約390億円、ハーパー(フィリーズ)が13年総額約368億円と300億円を超える金額で合意しています。仮に今オフ、大谷が契約延長すれば、年俸4000万ドル(約44億円)の8年総額3億2000万ドル(約350億円)規模の条件になるのではないか」

 大谷は来年の7月5日で28回目の誕生日を迎える。今年2月に14年総額約360億円の長期契約を結んだパドレス・タティス内野手(22)ら20代前半の選手とは異なり、10年を超える長期契約は望めない。フィジカル面の負担が大きく故障のリスクも高い二刀流だけに、エ軍は大谷との契約に「保険」をかけるという。

「大谷が肩、肘を故障して投げられなくなることを考慮して、投手としての年俸は1500万ドル(約16億6000万円)ほどに抑えて、先発試合数、投球イニング数に応じた出来高払いを盛り込んだ契約になると思います。16年に前田(現ツインズ)がドジャースと交わした出来高契約のように、インセンティブをすべてクリアすれば満額を手にできる内容になるとみられます」(友成那智氏)

 かつてルースを宿敵ヤンキースに放出したレッドソックスは「ルースの呪い」にかかり、長らく世界一から遠ざかった。エ軍が大谷の流出を許せば、二刀流の呪縛に苦しむことにもなりかねない。


【凄い、今年の活躍からすれば巨額をだしても惜しくない『大谷はエンゼルスとの契約延長に前向き リーグMVP受賞なら「8年350億円」の超巨額オファーに』】の続きを読む


誰がヒロインになっても楽しみにしています。『NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼』


NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼
 NHK制作局ドラマ番組部の周辺が騒がしくなっている。今月初めに、2022年度前期に放送予定の「ちむどんどん」がクランクイン。今月末には、放送中の「…
(出典:日刊ゲンダイDIGITAL)


NHK制作局ドラマ番組部の周辺が騒がしくなっている。今月初めに、2022年度前期に放送予定の「ちむどんどん」がクランクイン。今月末には、放送中の「おかえりモネ」が最終回を迎え、22年度後期にオンエアされる「舞いあがれ!」のキャスティングが最終段階を迎える。

 この「舞いあがれ!」の舞台は、ものづくりの町・東大阪と、自然豊かな長崎・五島列島。1990年代から現在というスパンで、パイロットと飛行機づくりを夢見るヒロイン・舞を中心にその挫折と再生を描く構成となる見通し。

さて、それでは「舞いあがれ!」のヒロインの座を射止めるのは誰になるのか。今回、演出を担当するのは、17年度前期に「ひよっこ」の演出を手がけた田中正氏。このドラマが成功したこともあり、田中氏と有村架純(28)が所属する「フラーム」は良好な関係が続いているといわれている。

一部メディアが「舞いあがれ!」のヒロインについて、松本穂香(24)が有力視されていると伝えたのはフラーム所属の女優だからだろう。

一方で、女性誌の芸能記者たちの間では浜辺美波(21)の名前も囁かれている。

「年齢が20歳前後の女優“ご三家”といわれているのが、永野芽郁・杉咲花・浜辺美波です。永野は『半分、青い。』で、杉咲は『おちょやん』で立派に座長を務めました。“新CM女王”として好感度も抜群の浜辺の出演が近いのは間違いないでしょう」(ある記者)

また芸能ライターのエリザベス松本氏は「ヒロイン候補としてネット上で有力視されているのは小芝風花さんですね」と話す。

2022年後期作品ながら、すでに注目度が高い「舞いあがれ!」。ヒロインが発表される今年の冬が待ち遠しい。



【誰がヒロインになっても楽しみにしています。『NHK朝ドラ「舞い上がれ!」ヒロインは誰が? 異例オーディション選考に芸能プロは疑心暗鬼』】の続きを読む


やばいね、二人の未来は前途多難『眞子さまと小室圭さんの結婚反対デモが再進撃「やっと声を上げられた」』


眞子さまと小室圭さんの結婚反対デモが再進撃「やっと声を上げられた」
 秋篠宮家の眞子さま(29)と小室圭さん(30)の結婚に反対する行進デモが16日、都内で行われた。皇室ニュースを配信している皇室系ユーチューバーの京…
(出典:東スポWeb)


秋篠宮家の眞子さま(29)と小室圭さん(30)の結婚に反対する行進デモが16日、都内で行われた。皇室ニュースを配信している皇室系ユーチューバーの京(けい)氏が企画したもので、今月10日に行われたのに続き、2回目。

前回よりも多い130人以上が参加し、8割は女性。それぞれが「皇室の危機!小室家真っ黒」「皇室を守りましょう」「茶番会見やめろ」などのプラカードや日の丸を掲げ、日比谷、銀座の約1・5キロを40分かけて練り歩いた。

 眞子さまと小室さんの結婚が26日に控える中で行われた前回デモの反響は大きく、この日は国内外のテレビ局が取材に訪れた。一方、「皇族の名誉を貶める許しがたいデモ」と反対の声を上げるカウンターの男性も現れ、警察が衝突の不測事態に備え、目を光らせた。

【やばいね、二人の未来は前途多難『眞子さまと小室圭さんの結婚反対デモが再進撃「やっと声を上げられた」』】の続きを読む

このページのトップヘ