『エチオピア虐殺』600人超え、敵対民族を標的、人権委が避難



虐殺はティグレ州南西部の人口約4万人の町マラカドラで発生した。

人権委によると、虐殺を行ったのはティグレ人の若者ら、
州治安組織も主要道路で展開し、逃げる市民を射殺するなど荷担した。

敵対するアムハラ人を身分証で特定し標的にした疑いがあり、人権委は
「人道に対する罪と戦争犯罪に当たる恐れがある」と非難した。




<関連する画像>




(出典 www.kobe-np.co.jp)

(出典 www.cnn.co.jp)

<ツイッターの反応>


日比野ホッチョム/国際機関の人
@hotshotish

「エチオピアの虐殺 何がなぜ起きているのか」 https://t.co/H7yysYnI3e

2020-11-25 13:16:11

(出典 @hotshotish)

サビちゃん🐹
@naUmZPLYY6tcskY

😣😢😢💧「エチオピアの虐殺 何がなぜ起きているのか」 https://t.co/9nh6pJs7ao

2020-11-25 13:16:01

(出典 @naUmZPLYY6tcskY)