漫画家


『マッチングアプリ…即登録 芸能人に出会えるかも?』


新山千春、マッチングアプリで出会った14歳下の新恋人について初告白「結婚考えている?」への答えは…
 タレントの新山千春(41)が20日放送のフジテレビ「ホンマでっか!?TV」(水曜後9・00)に出演し、新恋人との馴れ初めについて赤裸々に語った。 …
(出典:スポニチアネックス)


 タレントの新山千春(41)が20日放送のフジテレビ「ホンマでっか!?TV」(水曜後9・00)に出演し、新恋人との馴れ初めについて赤裸々に語った。
 「シングルママ人生相談」という企画で「恋愛事情」についてのテーマになると、新山は興奮気味に自身のマッチングアプリ体験談を告白。結婚して10年後に離婚、そこから8年たった今、高校生の娘から「ママもそろそろ彼氏とかいいと思う」と言われ、また友人からの後押しもあったという。しかし「日本人だと私を知ってるかも…」という理由から、主に外国人向けものを利用したそう。

 そこで幸運にもマッチしたのが、アメリカ在住の男性だったといい「今、英語でやり取りをしていて。実は私…付き合ってるんですよ。言っちゃった!」と明かし、共演者を驚かせる。「頑張って翻訳してやり取りしたら、向こうから『もしかして日本語の方が楽ですか?』って、実はアメリカ在住の日本人の方だったんですよ。言われて嬉しかったのが『ずっと頑張って来たんだから、僕の前では頑張らなくていいよ』」とエピソードを披露すると、拍手が起こった。

 さらに、相手は27歳で新山よりも14歳下であることも判明すると「えっー!」という声がスタジオを飛び交う。「最初は『アパレルの仕事をしている』ってちょっと嘘をついていて。でも、本当のことを話そうと『芸能の仕事をしている』って言ったら『わからなくてごめん』」と返ってきたという。

 ここでMCの明石家さんまが「結婚は考えてないやろ?」と直球を投げると、新山はしばし考えながら「どこかで『私なんかじゃなくても』っていう思いもあって、別れようともするんですけど…でも娘が『ママにとって彼以上の人はいないと思うよ』って。冷静になりながら大事に大事に」と、答えていた。

 新山が20代の一般男性と再婚に向けて真剣交際していることが今月10日、本紙の取材で分かった。関係者によると、交際期間は約3年ほどだという。所属事務所は11日、「交際は事実です」と認めている。

【『マッチングアプリ…即登録 芸能人に出会えるかも?』】の続きを読む


笑えるね!どうせなら投稿すれば拡散しそう?『43歳偽YouTuberの呆れた変態ぶり 女子大生に声かけ“カバンの中身当てゲーム”恐怖の20分』


「カバンの中にフランクフルトなるものがありました……」

 被害に遭った女子大生は、交番に駆け込み、こう警察官に訴えたという。

「ユーチューバー」を名乗り、動画の撮影とウソをついて女性に自身の男性器を触らせたとして、東京都葛飾区の無職、熊沢弘次容疑者(43)が20日、強制わいせつの疑いで警視庁小岩署に逮捕された。

 1月9日午後1時半ごろ、熊沢容疑者は江戸川区の人通りのない路上で、通行中の20代の女子大生に声を掛けた。

「すみません。自分はユーチューバーなんですけど、トートバッグの中に何が入っているか、当てるゲーム企画に協力してもらえませんか。いつもは渋谷で撮影をやっていて、さっきまで子どもたちに協力してもらっていたんですが、今はやってくれる人がいなくて困っているんです」

熊沢容疑者は企画の趣旨を説明すると、おもむろにトートバッグの間口を広げ、腕をつかんでバッグの中に押し込んだ。バッグの側面には穴が開けられ、熊沢容疑者はあらかじめ、その穴に自分のイチモツを差し込んでいた。

 女子大生の手が男性器に触れると、熊沢容疑者は「ちゃんと握って下さい」と催促。さらに「まだありますよ」と奥まで触るよう促し、「もっと強く握って下さい」と要求して、無理やり握らせた。そんなやりとりが、20分も続いたというから、女子大生にとっては恐怖だっただろう。

「被害女性は話の途中から『何となく変だなぁ』と感じていたが、しょうがないかなと思ってしまった。一刻も早く終わらせたい一心で、男の言いなりになったそうです。ユーチューバーというのはまったくのデタラメで動画も撮らず、周囲にカメラもなく、動画サイトも持っていなかった。見た目もチャラいユーチューバーといった感じではなく、パッとしない、ただのオッサンです」(捜査事情通)

 ようやく変態男から解放された女子大生が、近くの交番に届け出て発覚。防犯カメラの映像から熊沢容疑者を特定した。

 調べに対し、「無理やりではない。今回を含めて4件やった」と供述。都内では1月以降、似た手口での被害が3件確認されており、熊沢容疑者はトートバッグだけでなく、紙袋で犯行に及んでいたこともあったという。

「中身当てゲーム」でイチモツを握らせるとは新手の手口だが、マネをするアホが出てこないことを願いたい。

【笑えるね!どうせなら投稿すれば拡散しそう?『43歳偽YouTuberの呆れた変態ぶり 女子大生に声かけ“カバンの中身当てゲーム”恐怖の20分』】の続きを読む


こんなに高騰するなら買っておけば良かった。『世界一の金塊”が厳重警戒の事態に 金相場高騰で時価22億円以上に』


“世界一の金塊”が厳重警戒の事態に 金相場高騰で時価22億円以上に
…静岡・伊豆市のテーマパークで展示されている“世界一の金塊”が、厳重警戒の事態になっています。有事などの際に安全資産として需要が高まる金。時価22億円…
(出典:日テレNEWS)


静岡・伊豆市のテーマパークで展示されている“世界一の金塊”が、厳重警戒の事態になっています。有事などの際に安全資産として需要が高まる金。時価22億円を超え、購入時から5倍以上に高騰しているのです。

2005年に「ギネス世界記録」に認定されたその重さは、なんと250㎏です。この“世界一の金塊”が今、厳重警戒の事態になっています。

“世界一の金塊”は2005年当時、1g約1640円で時価4億1000万円でした。現在は、1gあたり8921円です。(田中貴金属工業 店頭小売価格・税込み)

“世界一の金塊”は22億円以上、2005年の5倍以上に跳ね上がっています。

【こんなに高騰するなら買っておけば良かった。『世界一の金塊”が厳重警戒の事態に 金相場高騰で時価22億円以上に』】の続きを読む


確信犯だね、普通なら可笑しいと思って利用できないでしょ!『「返還できない、罪は償います・・・」』


【速報】「返還できない、罪は償います・・・」山口県阿武町のコロナ給付金4630万円誤送金・回収困難
…山口県阿武町で、新型コロナ給付金が誤って1世帯に4630万円が振り込まれた問題で、花田憲彦町長は22日会見を開き、誤って振り込まれた人が「返還できな…
(出典:tysテレビ山口)


山口県阿武町で、新型コロナ給付金が誤って1世帯に4630万円が振り込まれた問題で、花田憲彦町長は22日会見を開き、誤って振り込まれた人が「返還できない」と話していることを明らかにしました。

21日、町の職員が面会し「すでに入金した金は動かしている、元に戻せない、どうしようもない、罪は償います」と話したということです。

町では刑事告訴も視野に対応を検討しています。

【確信犯だね、普通なら可笑しいと思って利用できないでしょ!『「返還できない、罪は償います・・・」』】の続きを読む


謝罪すれば何やっても良いと思ってるYouTube達、規制を厳しくするべきだ。


「脱げよ!」女性恫喝ドッキリで批判殺到のYouTuber謝罪 「面白い動画を、という気持ちが先行」
 「Uber Eats配達員に扮した仕掛け人がメンバーの家に押し入る」という過激なドッキリで物議を醸した女性2人組 YouTuber・マリンパッパが…
(出典:J-CASTニュース)


「Uber Eats配達員に扮した仕掛け人がメンバーの家に押し入る」という過激なドッキリで物議を醸した女性2人組 YouTuber・マリンパッパが、2022年4月19日に公開した動画で謝罪した。

 問題となっていたのは、3日に公開した「配達員装ったおっさんが勝手に家に入ってきた時の相方の反応がやばすぎた」という動画だ。メンバーのManamiさんが相方のFuuさんにドッキリを仕掛けている。

 動画は、Fuuさんとは面識がないと見られる男性を仕掛け人に起用し、Uber Eatsの配達鞄を背負った仕掛け人がFuuさん宅に押し入るというもの。仕掛け人は偶然配達に訪れたマリンパッパのファンという設定で、激昂した仕掛け人は怯えるFuuさんを追い詰め、「だからとりあえず脱げって、オイ! 脱げや!」などと恫喝したり、「脱いで1枚写真撮ったら帰ります」と撮影を要求したりするシーンもあった。ドッキリのネタバラシの後、Fuuさんは号泣していた。

 ドッキリ企画とはいえ度が過ぎているとの批判が殺到し、動画は18日までに削除された。

 マリンパッパは19日「謝罪させていただきます」と題した1分10秒の動画を投稿。黒のハイネックを着たFuuさんと、黒のブラウスを着たManamiさんが並んで謝罪した。

 2人で頭を下げたのち、Manamiさんが

「この度は、動画の企画内容で、皆さんに不快な思いをさせてしまい、本当に申し訳ありませんでした」

と切り出した。再び2人で頭を下げると、動画の削除と行き過ぎた動画になった経緯について説明した。

「まず、ご指摘していただいた動画に関しては、削除させていただきました。少しでもいい動画を作りたい、面白い動画を作りたいという気持ちが先行してしまい、企画内容についてのコンプライアンスが疎かになってしまったことを反省しています。『ドッキリであればなんでも許されるのか』といったご意見、YouTubeでのコメントなど、全て拝見させていただきました。いただいたご意見は全て真摯に受け止め、今後はみなさんを笑顔にできるような動画づくりを行っていきます。本当に申し訳ありませんでした」

 マリンパッパは、この動画のコメント欄でも謝罪コメントを投稿している。

「マリンパッパをご視聴いただいたみなさま、今回はご迷惑をお掛けし大変申し訳ございませんでした。今後は、誰かが悲しむことがないような動画を二人で一緒に作っていきたいと思っています。ご迷惑をお掛けした視聴者のみなさま、関係者のみなさま、大変申し訳ございませんでした。マリンパッパ まなみ ふうか」

【謝罪すれば何やっても良いと思ってるYouTube達、規制を厳しくするべきだ。】の続きを読む

このページのトップヘ