ドラマ


普段ドラマは見ないけど何気にみたら家族で見入ってしまった『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』


杉野遥亮「恋です!」でヤンキー役を好演 “母性本能くすぐる系”演技でブレークの予感
 杉咲花(25)主演の連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系、水曜夜10時)が、先週6日にスタートした。 ■視聴率1ケタ発進…
(出典:日刊ゲンダイDIGITAL)


杉咲花(25)主演の連続ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」(日本テレビ系、水曜夜10時)が、先週6日にスタートした。

■視聴率1ケタ発進も

 弱視のユキコ(杉咲)と顔に傷があるヤンキーの森生(杉野遥亮=26)の恋を描いた物語。初回視聴率は世帯8.8%、個人4.8%となった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 2ケタに届かない幕開けとなったが、芸能ライターのエリザベス松本氏は「今回はちょっと裏番組が悪かっただけで、2話以降は数字が上がる可能性は大きいと思いますよ」と話す。

 「NHK朝ドラ『おちょやん』で国民的女優となった杉咲さん主演ということで注目度は高い。初回を見た限り、杉咲さんが演じるユキコは、気が強く、表情豊かで非常に魅力的なヒロイン。夏ドラマの『プロミス・シンデレラ』の二階堂ふみさんを見ても感じましたが、ラブコメのヒロインを演技派の女優さんが演じると、ドラマにぐっと深みが出ますね」(エンタメサイト編集者)

 前出のエリザベス松本氏は、杉咲の相手役である杉野が「今作で大きくブレークする予感がします」とこう続ける。

「杉野さんはヤンキー役にはあまりに線が細く、放送開始前は大丈夫かなと思いましたが、杞憂でした。繊細な心を持ち、真っすぐな森生を、実にノビノビと演じています。ちょっとおバカではありますが、放っておけなくなるような母性本能をくすぐる系の演技は、回を重ねるごとに視聴者から評判を呼びそうです」

杉野はこれまで数多くのドラマや映画に出演しており、今年放送されたテレビ東京系連ドラ「直ちゃんは小学三年生」では主演も務めた。だが、インパクトに欠けるあっさり系の塩顔のせいか、〈顔と名前が一致しない〉と話す視聴者も少なくない。

「『恋です!』はラブコメではありますが、白杖を使って歩く人が何を頼りに街を歩いているのか……そういうことが押しつけがましくなくサラッと盛り込まれているのが、とてもいいなと感じました。点字ブロックの上で話し込まない、自転車を止めないなど当たり前のことだけれどうっかり忘れてしまいがちなこと。そういうものを改めて教えてくれるドラマでもあります」(在京キー局関係者)

 愛され女優とフレッシュな若手俳優の共演はどんな化学反応を見せるのか。勝負は2話目からだ。

【普段ドラマは見ないけど何気にみたら家族で見入ってしまった『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』】の続きを読む


「イカゲーム」9話今観終わりました、世界中で熱狂するのが解らない、金持ちの道楽、理解はできるが確実に行きつく所は此処


“全世界が熱狂中”の韓国ドラマ「イカゲーム」、Netflix史上最大のヒットとなった理由は?
…Netflix韓国オリジナル作品「イカゲーム」(配信中)が全世界でTOP10に入り、80か国以上で1位を記録している。Netflixのホームであるア…
(出典:MOVIE WALKER PRESS)


Netflix韓国オリジナル作品「イカゲーム」(配信中)が全世界でTOP10に入り、80か国以上で1位を記録している。Netflixのホームであるアメリカのチャートでも1週間以上1位に君臨し、アジア系作品で初の快挙となった。

9月17日に全世界配信となった「イカゲーム」は、現在も日本を含む世界各国で人気が継続している。9月27日に行われたメディア業界のイベントに登壇したNetflixのテッド・サランドス共同CEO兼コンテンツ最高責任者は、「『イカゲーム』は間違いなく、英語以外の言語によるシリーズとして史上最大のヒットになるでしょう」と示唆した。

「イカゲーム」では、様々な理由でお金を必要とする総勢456名が、賞金456億ウォン(約43億円)をかけて熾烈なサバイバルレースを繰り広げる。ゲームは6つ。日本でもおなじみの「だるまさんが転んだ」(韓国語は「ムクゲの花が咲きました」)、「カルメ焼き型抜き」「綱引き」「ビー玉遊び」「飛び石ゲーム」、そしてタイトルになっている「イカゲーム」は、韓国の子どもたちが遊ぶ鬼ごっこのようなゲームだ。

『新しき世界』(13)やドラマ「補佐官~世の中を動かす人々~」のイ・ジョンジェが扮する、離婚や借金で金の工面が必要なソン・ギフンは、謎の男に突然メンコ対決を申し込まれる。彼は巨額の賞金を賭けた、生きるか死ぬかのサバイバルゲームのリクルーターで、ギフンのような訳あり人物があと455人集まっていた。そのなかには、「刑務所のルールブック」のパク・ヘスが扮する幼なじみで証券会社に勤めるチョ・サンウや、脱北者のセビョク(チョン・ホヨン)らがいる。生きて大金を持ち帰るには、彼らを皆殺しにしなくてはならない。

ストーリーは至ってシンプルなサバイバルゲームだが、第1話の「だるまさんが転んだ」で、牧歌的な風景に似つかわしくない惨劇が起きる。ルール通り、巨大な人形が振り向いた際に動いた者は銃で撃たれ脱落となる。時間制限内にゴールできた者が第2ゲームに進むことができ、1人脱落するごとに1億ウォンが豚の貯金箱にプールされ、最後の1人が総額を得る。参加者の過半数がゲーム中断を民主的に判断するとゲームオーバー、脱出はできるが賞金は脱落者家族の手に渡る。それらがカラフルでポップなセットデザインのなかで繰り広げられるのだから、最高にシュールだ。

海外での人気は、ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』(19)が外国語映画として初めてアカデミー賞作品賞を受賞したことが引き金となり、韓国コンテンツへの絶大な信頼につながったことに起因する。そのうえ、Netflixのトップ画面に現れるポップなロゴとビジュアル、さらには早々と鑑賞した人たちの「おもしろい!」という口コミが爆発的人気に火をつけた。緑ジャージのゲーム参加者とピンクのスーツに○△□のお面をつけた管理者のビジュアルも、SNSで拡散されるミームにぴったりだった。アマゾンの共同創設者のジェフ・ベゾスがNetflixのCEO二人にお祝いのツイートをしたり、タイカ・ワイティティ、バリー・ジェンキンス、マイケル・フラナガンなどの映像クリエイターも、『イカゲーム』を視聴したとツイッターにアップしている。

こうして世界中が「イカゲーム」の虜になったわけだが、この残虐で血みどろのドラマは一見シンプルに見えて、多くの暗喩を含んでいる。6つあるゲームはどれも子どもの遊びだが、命と大金をかけた勝敗に様々な人間ドラマが描かれる。彼らが金を必要とする理由、生き残らなければならない理由は、そのまま現代社会の写鏡のように複雑でやるせない。456人いれば、仲間割れや愛憎、騙し合い、またその逆も起きる。特に6話のノスタルジックな横丁で行われるビー玉遊びに、「人間とは…」と思わず考え込んでしまう。

監督、脚本は『トガニ 幼き瞳の告発』(12)、『怪しい彼女』(14)のファン・ドンヒョク。ソウル大学卒業後にアメリカの南カリフォルニア大学で映画制作を学んだ国際派で、「イカゲーム」の企画は2008年ごろからあたためていたものだという。サバイバルゲームのリクルーターとゲームを指揮するフロントマンに、あっと驚く有名俳優のカメオを配しているところも、韓国映画ファンのツボをついている。韓国ドラマらしく、黒幕やフロントマンの存在をめぐり周到に配置された伏線を読み解く楽しみ方もある。各エピソードのクリフハンガーが絶妙で次から次へと一気見してしまい、気がつくと全9話を完走していることだろう。

「イカゲーム」の人気は、韓国ドラマ一見さんからヘヴィユーザーまで取り込む包括的なコンテンツ作りにある。目を引くビジュアルやポップな世界観で間口を広げ、サバイバルゲームそのものだけでも十分楽しめるうえに、よく練られた脚本とキレのある演出、細かなキャラクター設定、俳優陣の高い演技力が韓国ドラマを観慣れたコアなファンをも満足させる。百聞は一見にしかず。ゴア描写やデスゲームに耐性があるのならば、まずは1話を視聴してみることをお勧めする。

文/平井伊都子

【「イカゲーム」9話今観終わりました、世界中で熱狂するのが解らない、金持ちの道楽、理解はできるが確実に行きつく所は此処】の続きを読む


これはやばいでしょ!賠償責任だね『Netflix「イカゲーム」で個人の電話番号が流出…製作側「問題解決のため努力」』


Netflix「イカゲーム」で個人の電話番号が流出…製作側「問題解決のため努力」
…Netflixで公開中の韓国ドラマ「イカゲーム」が好評を得ているなか、ドラマに登場する電話番号の実際の使用者が被害を訴えている。  これを受けて、N…
(出典:WoW!Korea)


Netflixで公開中の韓国ドラマ「イカゲーム」が好評を得ているなか、ドラマに登場する電話番号の実際の使用者が被害を訴えている。

これを受けて、Netflix側の関係者は23日、「Netflixとサイロンピクチャーズはともに問題を認識している」とし、「問題解決のために努力する」と述べた。

 「イカゲーム」第1話においてキホン(イ・ジョンジェ)が正体不明の男(コン・ユ)から受け取った名刺の電話番号に電話をかける場面がある。キホンが電話を通じてサバイバルゲームに参加する意思を伝えるというシーンだ。

 ところが、この場面が公開された後、実際にその電話番号を使用している人が被害を訴えている。この使用者はメディアを通じ、「イカゲーム」が公開された後、日常生活に困難をきたすほど大量のメールや電話が殺到していると明かした。

 「イカゲーム」はNetflixのオリジナルシリーズで、456億ウォン(約42億6000万円)の賞金をかけ、謎のサバイバルゲームに参加する人々が命を懸けて挑戦するストーリー。今月17日の公開後、「韓国のTOP10コンテンツ」1位となったほか、アメリカを含む14か国で1位を記録するなど、大きな人気を得ている。

Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 106

【これはやばいでしょ!賠償責任だね『Netflix「イカゲーム」で個人の電話番号が流出…製作側「問題解決のため努力」』】の続きを読む


最終回も見ごたえあって感動しました。『「TOKYO MER」撮了 鈴木亮平ハード5カ月完走に安堵&万感 医療従事者尊敬「この作品が誇り」』


「TOKYO MER」撮了 鈴木亮平ハード5カ月完走に安堵&万感 医療従事者尊敬「この作品が誇り」
 俳優の鈴木亮平(38)が主演を務めるTBS日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(日曜後9・00)がこのほど、クランクアップ。12日、1…
(出典:スポニチアネックス)


俳優の鈴木亮平(38)が主演を務めるTBS日曜劇場「TOKYO MER~走る緊急救命室~」(日曜後9・00)がこのほど、クランクアップ。12日、15分拡大で最終回(第11話)を迎える。鈴木は大規模なロケを毎回敢行してきた約5カ月のハードな撮影を無事完走し、安堵の表情。同局の看板枠・日曜劇場初主演の大役となったが「MERチームのみんなに支えられ、神輿を担いでもらっていたんだとヒシヒシと感じます」と感謝した。医師役を通じ、医療従事者に「言葉では言い表せないような」尊敬の念。「今も過酷な現場で頑張っている人たちの姿を少しでも日本の皆さんに伝えることができたなら、本当にこの作品に携われてよかったなと思いますし、それが今一番、僕にとっての誇りです」と万感の思いを明かした。

【写真】第10話。茫然自失の喜多見(鈴木亮平)

 最後のシーンを撮り終えると、スタッフが花束を贈呈。一緒に熱い闘いを走り抜き、乗り越えてきた共演の賀来賢人(32)中条あやみ(24)菜々緒(32)小手伸也(47)佐野勇斗(23)フォンチー(30)や、チーフ演出の松木彩監督らと完走の喜びと達成感を分かち合った。

 昨年7月期「半沢直樹」や今年1月期「天国と地獄」などに参加してきた松木監督は今作がチーフ演出デビュー。鈴木が心遣いから花束を贈るサプライズに、松木監督は号泣した。

 「僕のヤバイ妻」「グランメゾン東京」などで知られる黒岩勉氏がオリジナル脚本を手掛ける医療ドラマ。コロナ下の医療従事者に勇気を与えるべく、都知事の号令により新設された救命救急のプロフェッショナルによる架空のチーム「TOKYO MER」の奮闘を描く。「MER」は「モバイル・エマージェンシー・ルーム」の略称。チームは最新の医療機器とオペ室を搭載した“動く手術室”専用の大型車両「ERカー」を駆使。事故や災害の現場に急行し、いち早く負傷者に救命処置を施す。

 鈴木は「日曜劇場という舞台で、初めての主演だったので僕がみんなを引っ張っていかないといけない。誰よりも自分に厳しく挑まなくてはと、初めはひとり肩に力が入っているような感じでした。ですが、振り返ってみると自分はMERチームのみんなに支えられ、神輿を担いでもらっていたんだとヒシヒシと感じますし、このメンバーでなければ『TOKYO MER』という作品は完成できなかったと思っています」と感謝。

 「今回、医師役を通じて、医療従事者の方々の魂といいますか、本当にすごいものに触れさせていただいたと強く感じています。この作品で僕たちは危険な現場にも飛び込んでいきましたが、現実の世界でも正体の見えないウイルスとの闘いの中で、医療従事者の方々がリスクを背負いながらも困っている人を助け、そして、それを当然のように仕事としてやられているということに、言葉では言い表せないような尊敬を覚えました。今も過酷な現場で頑張っている人たちの姿を少しでも日本の皆さんに伝えることができたなら、本当にこの作品に携われてよかったなと思いますし、それが今一番、僕にとっての誇りです。是非、今夜放送の最終話まで見届けていただけたら幸いです」と呼び掛けた。

 脚本の黒岩氏も「事件・事故の現場は必ず非日常で、どうしても現実離れした話になってしまいがちですが、それを現実にしてくれたのは、亮平さんをはじめキャストの皆さんのお芝居の力です。普通の医療ドラマはオペ室に入ると、すでに準備が整っていますが、『MER』では現場を見て判断し、オペの準備指示から搬送指示まですべてセリフになっています。なので、覚える医療用語や医療所作・行為が普通の医療ドラマより段違いに多かったはずです。それを『MER』のチームは全11話、いっさいの手抜きなくやってのけました。喜多見チーフ、音羽先生、比奈先生、夏梅さん、冬木先生、徳丸君、ミンさん、そして病院で闘っていた高輪先生、本当に最強の医療チームです。心より尊敬します。それと今回は毎回大規模なロケが敢行されました。演出はもちろんですが、限られた予算や日程の中で、最後までスケール感を落とさずに、『MER』の世界観を守り通したスタッフの皆さんが本当にすごいなと思います。プロの意地を感じました。またこのチームと仕事がしたいです」と感謝した。

 「待っているだけじゃ、助けられない命がある」――。アクション映画のようなスピード感とスケール感、特撮ドラマのようなヒーロー感とチーム感が視聴者の心をわしづかみに。毎回、極限のオペが行われるスリリングな展開に加え、チーフドクター・喜多見役の鈴木の熱血ぶりや的確な処置、医系技官・音羽役の賀来賢人(32)のツンデレぶりも話題沸騰。第7話(8月15日)&第9話(8月29日)の平均世帯視聴率が15・0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と夏ドラマNo.1のヒット作となった。

 【最終回あらすじ】最愛の妹・涼香(佐藤栞里)を亡くし、失意のどん底にいる喜多見(鈴木)はMER脱退を告げ、都知事の赤塚(石田ゆり子)は意識不明のまま。音羽(賀来)も大物政治家・天沼(桂文珍)に動きを封じられ、遂にMER解散が決定してしまう。そんな中、エリオット・椿(城田優)による連続爆破テロで東京中が炎上。多くの負傷者が出るが、喜多見も音羽も出動せず。ERカーの使用も禁じられ、MERメンバーは最大のピンチを迎えた。しかし、その時、それぞれの心を震わせる「言葉」が響いた――。タイトルは「伝説に消えた勇者たち…MER最後の戦い」。

【最終回も見ごたえあって感動しました。『「TOKYO MER」撮了 鈴木亮平ハード5カ月完走に安堵&万感 医療従事者尊敬「この作品が誇り」』】の続きを読む


今回のドラマは面白いぞ。『恋愛ドラマは本当に若年女性に見られているか?~『恋はDeepに』『リコカツ』等の視聴データ分析から~』


恋愛ドラマは本当に若年女性に見られているか?~『恋はDeepに』『リコカツ』等の視聴データ分析から~
…春ドラマの初回の放送がほぼ終わった。今クールは男女の恋愛模様を描くドラマがGP帯(夜7~11時)に5本放送されている。その初回の個人視聴率は、石原さ…
(出典:鈴木祐司)


春ドラマの初回の放送がほぼ終わった。

今クールは男女の恋愛模様を描くドラマがGP帯(夜7~11時)に5本放送されている。

その初回の個人視聴率は、石原さとみ『恋はDeepに』、北川景子『リコカツ』、川口春奈『着飾る恋には理由があって』、吉岡里帆『レンアイ漫画家』、松たか子『大豆田とわ子と三人の元夫』の順となった。

昨年1月クールの上白石萌音『恋はつづくよどこまでも』以降、恋愛ドラマがさかんに放送されるようになっているが、5本放送される今クールはこれまでにない盛況ぶりだ。

広告主のニーズに応えるべく、近年は若年層をターゲットとする局が増えている。恋愛ドラマはまさにその路線に乗って量産されるようなった。

では実際には、狙い通り10~30代の女性に届いているのか、視聴データで検証してみた。

個人視聴率の状況
ビデオリサーチ(VR)関東地区のデータによれば、初回に最も見られたのは日テレ水曜10時の『恋ぷに』。

5.7%は5本の中でトップだが、同時間帯の前4週平均と比べても0.3ポイント上回った。しかも前クールの菅野美穂『ウチの娘は、彼氏が出来ない!!』初回とも肩を並べた。

順調なスタートと言えよう。

一方5.3%のTBS金曜10時『リコカツ』は、前4週平均を上回ったが、前クールの長瀬智也『俺の家の話』からは1.1ポイント下回った。微妙なスタートと言ったところか。

3位で4.7%のTBS火曜10時『着飾る恋』は、前4週より0.6%上がったが、前クールの上白石萌音『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』より1.8ポイントも下回った。同枠としてはイマイチな始まりと言えよう。

4位4.3%のフジ火曜9時『まめ夫』も、前4週はクリアしたものの、前クール藤原竜也『青のSP』には届かなかった。

5位3.5%のフジ木曜10時『レンアイ漫画家』は、唯一前4週を下回った。前クール大倉忠義『知ってるワイフ』よりわずかに高かったものの、同枠の低迷を打ち破るほどのパワーには欠けるようだ。

若年女性の高い支持
ただし以上のデータは、ほぼ半数を占める男女50歳以上のテレビ視聴動向が大きく影響する個人視聴率全体の話。

これをCCCマーケティングのインターネット接続テレビを使っている7万2千人(関東地区)で分析すると、評価は大きく変わる。若年女性の支持が凄まじいことがわかるからだ。

個人視聴率が5.7%でトップだった『恋ぷに』は、竹野内豊『イチケイのカラス』(フジ月9)に2ポイント以上離されていた。ところが独身20~30代女性では8.3%、女子中高生や女子大生に至っては11%超と個人全体の倍近い。もちろん『イチケイ』を逆転する。

他4ドラマもすべて、独身20~30代女性や女子中高大生の個人視聴率が個人全体を大きく上回る。

ただし『まめ夫』だけは、上昇率はさほど大きくない。恋愛ドラマは“恋のはじまり”を描くものが多い中、“恋の終わり”以降を描くことの多い坂元裕二ドラマは、やはり若年女性とは親和性があまり高くないようだ。

逆に個人全体で『まめ夫』より0.8ポイント下回った『レンアイ漫画家』が気を吐いている。

ネット上では大人の評論家などに批判されている割に、若年女性の間では『まめ夫』より高い数字となった。「キュンシーンがマンネリだったりダサかったり…」と叩く記事もあったが、女子中高大生が皆そう見ているとは限らないようだ。

広告主からは垂涎の的
恋愛ドラマは若年女性の個人視聴率が高いだけじゃない。

広告主からみると、CMを届けたいターゲット層がよく見る番組になっている。つまり出稿したい“垂涎の的”なのである。

例えば「綺麗になりたい」女性をターゲットにする企業だ。

趣味・関心が「美容」「ファッション」と答える各2000人では、『恋ぷに』が8.5%ほどで全ドラマ初回の中でトップクラスとなった。

2013年以降、毎年「世界で最も美しい顔100人」(米国映画批評サイト)の常連となっている石原さとみのパワーだろうか。明らかに特定層を強烈に引き付けている。

『リコカツ』『着飾る恋』も、「美容」「ファッション」で7~8%。

主演の北川景子も川口春奈も、各種人気ランキングで上位に名を連ねることが多い。この特定層では、やはり女優の力がモノを言っているようだ。

そして『まめ夫』だけは、「美容」「ファッション」が個人視聴率より上だったが、「料理」の方が上回った。

松たか子は四半世紀以上も出演する山崎製パンCMのイメージが強いせいか、はたまた和風美人と評されることが多いせいか、「美容」「ファッション」より「料理」が先にきた。

ちなみに個人視聴率全体で苦戦の『レンアイ漫画家』も、「美容」「ファッション」では上位に入った。

“ダメ男ホイホイ”役を演じる吉岡里帆に対して、「ギャルファッションがわかいすぎ」「何をやっても可愛い」などの反響もある。毀誉褒貶が激しくても、特定層を引っ張る力は尋常ではないようだ。

化粧品メーカーへの切り札
そして恋愛ドラマで女優を魅力的に撮ることは、化粧品メーカーへの切り札となっている。

CCCマーケティングでは、月間の化粧品購入額別にライト(下位50%)・ミドル(中位30%)・ヘビー(上位20%)にわけて個人視聴率を算出している。

これによると、全ドラマの中でやはり『恋ぷに』がトップクラス。『まめ夫』を除く他3ドラマも高い数字となった。ここで興味深いのは、化粧品の購入額に関係なく、化粧品を買う人はいずれも恋愛ドラマを見る人が多いという事実だ。

4ドラマとも化粧品あるいは暮らしを美しく快適にする商品を出すメーカーがタイムスポンサーとなっているが、なるほど民放番組とCMの関係はよく考えられている。

ちなみに個人視聴率を1として、各特定層を指数化すると、興味深い事実が浮かび上がる。

女子中高生や独身20~30代の突出ぶりは、『恋ぷに』が他を圧倒した。そして個人視聴率の順位通り、若年女性の各層は『リコカツ』『着飾る恋』の順で数字が高い。

ところが『レンアイ漫画家』は、女子大生・美容で健闘する他、化粧品ヘビーで恋愛5ドラマの中でトップとなった。

化粧品メーカーの中には、「男性や高齢者に見てもらう必要はない」「下手に個人視聴率全体が高いとCM単価が高くなる。むしろ若年女性の比率が高い、あるいは化粧品購入の頻度の高い人だけが見てくれる番組の方に出稿したい」という社がある。

つまり自社の製品の購買層だけが見る番組を求めている。

その意味では、万人受けするのではなく、ターゲット層に特化したドラマにニーズがある。『レンアイ漫画家』に対しては、世帯視聴率が低く「試合終了」と揶揄する記事もあったが、スポンサーは必ずしもそんな数字だけで判断してはいないのである。

視聴データが進化し、誰が見ているのかを詳細に認識できるようになった時代。

テレビ番組は特定層をしっかりグリップすれば生き残ることが可能だ。かつては最大公約数狙いの番組が持て囃されたが、ようやく多様性の時代が訪れそうだ

【今回のドラマは面白いぞ。『恋愛ドラマは本当に若年女性に見られているか?~『恋はDeepに』『リコカツ』等の視聴データ分析から~』】の続きを読む

このページのトップヘ