新型コロナ関連


早い段階で承認され市販されればこのコロナ禍も少しは落ち着くかな?『塩野義コロナ飲み薬、発熱など5症状で改善傾向 国際学会で発表』


塩野義コロナ飲み薬、発熱など5症状で改善傾向 国際学会で発表
…新型コロナウイルス感染症の軽症者向け飲み薬について、治験の解析結果を国際学会で発表したと公表した。せきなどの呼吸器症状に発熱を加えた五つの症状について…
(出典:毎日新聞)


塩野義製薬は24日、厚生労働省に薬事承認を申請している新型コロナウイルス感染症の軽症者向け飲み薬について、治験の解析結果を国際学会で発表したと公表した。せきなどの呼吸器症状に発熱を加えた五つの症状について投薬による改善傾向が見られたとした。

 塩野義の治験を担当する国立国際医療研究センターの大曲貴夫国際感染症センター長が、ポルトガルで開催中の欧州臨床微生物学感染症学会議で発表した。

 今回発表したのは、オミクロン株流行下の今年1~2月に12~70歳の新型コロナ患者428人を対象に、塩野義の飲み薬と、有効成分を含まない偽薬を投与するグループに分けて実施した中間段階(第2相)の治験結果。投与開始から4日目(3回投与後)の時点で感染性のあるウイルスが検出された患者の割合は、偽薬グループと比べて約90%減少し、体内でウイルスを速やかに減らす効果が確認された。

 症状については、せき▽喉の痛み▽鼻水・鼻づまり▽息切れ――の呼吸器4症状に、発熱を加えた計5症状は投薬で改善傾向が見られたとする。一方、オミクロン株は呼吸器症状が強く出る傾向にあり、下痢や吐き気を加えた症状改善の総合評価(計12症状)では偽薬グループと明確な差はつかなかった。安全性について重大な反応はなかったとした。

 塩野義は2月末に中間段階の治験に基づき厚労省に薬事承認を申請。現在、国内外で最終段階(第3相)の治験を進めている。【横田愛】

【早い段階で承認され市販されればこのコロナ禍も少しは落ち着くかな?『塩野義コロナ飲み薬、発熱など5症状で改善傾向 国際学会で発表』】の続きを読む


確信犯だね、普通なら可笑しいと思って利用できないでしょ!『「返還できない、罪は償います・・・」』


【速報】「返還できない、罪は償います・・・」山口県阿武町のコロナ給付金4630万円誤送金・回収困難
…山口県阿武町で、新型コロナ給付金が誤って1世帯に4630万円が振り込まれた問題で、花田憲彦町長は22日会見を開き、誤って振り込まれた人が「返還できな…
(出典:tysテレビ山口)


山口県阿武町で、新型コロナ給付金が誤って1世帯に4630万円が振り込まれた問題で、花田憲彦町長は22日会見を開き、誤って振り込まれた人が「返還できない」と話していることを明らかにしました。

21日、町の職員が面会し「すでに入金した金は動かしている、元に戻せない、どうしようもない、罪は償います」と話したということです。

町では刑事告訴も視野に対応を検討しています。

【確信犯だね、普通なら可笑しいと思って利用できないでしょ!『「返還できない、罪は償います・・・」』】の続きを読む


理解しがたい?『反ワクチン派女性、故意にコロナ感染し死亡 チェコ』


反ワクチン派女性、故意にコロナ感染し死亡 チェコ
…【AFP=時事】新型コロナウイルスワクチンの接種に反対するチェコの女性フォークシンガーが、「衛生パス」を取得しようと故意に同ウイルスに感染して死亡し…
(出典:AFP=時事)


【AFP=時事】新型コロナウイルスワクチンの接種に反対するチェコの女性フォークシンガーが、「衛生パス」を取得しようと故意に同ウイルスに感染して死亡した。家族が17日、明らかにした。

衛生パスはワクチン接種か最近感染して回復したことの証明があれば取得でき、文化施設やスポーツ施設への入場、旅行、バーや飲食店の利用に必要となる。

 息子が公営ラジオ「iRozhlas.cz」に語ったところによると、フォークバンド「Asonance」のボーカルを務めていたハナ・ホルカ(Hana Horka)さん(57)は、16日に死去した。

 ホルカさんは昨年のクリスマス前にワクチンを接種していた息子と夫が新型ウイルスに感染した時、進んでウイルスに身をさらした。

 息子は「母は私たちといつも通りの生活を続けることに決め、ワクチンを接種するくらいなら新型ウイルスに感染することを選んだ」と述べた。

 ホルカさんは死の2日前、「(新型ウイルスを)乗り越えた。激しい苦しみだった」「これで劇場やサウナ、コンサートにも、思い立ったら海にも行ける」とソーシャルメディアに投稿した。

 息子はホルカさんの死は地元のワクチン反対運動の責任だと主張。「誰が母を感化したのかは分かっている。母が実の家族よりも赤の他人を信じたことが悲しい」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News

【理解しがたい?『反ワクチン派女性、故意にコロナ感染し死亡 チェコ』】の続きを読む


流石、ファイザー対応が早いね!『独自>米ファイザー幹部 オミクロン株ワクチン「3月にも」【モーサテ】』


<独自>米ファイザー幹部 オミクロン株ワクチン「3月にも」【モーサテ】
…「オミクロン株」への懸念が高まる中、アメリカの製薬大手ファイザーの研究部門のトップがテレビ東京の単独インタビューに応じました。ファイザーでは現在、オ…
(出典:テレ東BIZ)


「オミクロン株」への懸念が高まる中、アメリカの製薬大手ファイザーの研究部門のトップがテレビ東京の単独インタビューに応じました。ファイザーでは現在、オミクロン株に対応するワクチンの開発を進めていて、必要となれば来年の3月中にもワクチンを供給できるとしています。

ァイザーのマイケル・ドルステン最高科学責任者は「オミクロン株の登場を深刻に受け止めるべきだ。従来のワクチンによる免疫反応を回避したり、感染力が高いことへの懸念は増している。先週末から研究所でワクチンの開発を始めた。必要なら100日後には使えるように進めている。新ワクチンのデータを3月中に当局に提出し、すぐに承認されれば3月下旬に供給を開始できる」と、オミクロン株への対応を迅速に進めていることを強調した上で、今後オミクロン株の感染が世界的に拡大するかどうかを見極める必要があると指摘しました。

「オミクロン株の感染が本当に複数の国で拡大するのか、確認する必要がある。同じく免疫反応を回避した変異ウイルス『ベータ株』も南アフリカ以外では広がらなかった。既存のワクチンの追加接種でオミクロン株に対応できるのか、オミクロン株に対応する新たなワクチンが必要なのか12月中に判明するだろう」(ドルステン氏)

※Newsモーニングサテライト

【流石、ファイザー対応が早いね!『独自>米ファイザー幹部 オミクロン株ワクチン「3月にも」【モーサテ】』】の続きを読む


2列目って意味が解らない?終息するかと思いきや!『「オミクロン株」国内2例目の確認 ペルーに滞在歴ある20代男性』


松野官房長官は午後の記者会見で、南米ペルーに滞在歴のある20代の男性が、新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」に感染していたことが確認されたと発表しました。
日本国内で「オミクロン株」の感染者が確認されたのは2例目です。

この中で松野官房長官は、「ペルーに滞在歴のある20代の男性が入国時の検査で陽性が確認され、現在医療機関で隔離を実施している」と述べ、ペルーに滞在歴があり、11月27日に成田空港に到着した20代の男性が、新型コロナの新たな変異ウイルス「オミクロン株」に感染していたことが確認されたと発表しました。

そして、みずからをトップに立ち上げた関係省庁の幹部らでつくる「タスクフォース」で対応を協議するとしたうえで、「引き続き、強い危機感を持って状況把握に努めるとともに、各国の感染状況を踏まえて機動的かつスピード感を持って必要な判断を行っていく」と強調しました。

また、感染者と同行していた人や飛行機の機内で近くの席に乗っていた人は、すでに把握しているとした一方、男性の国籍については、「感染拡大防止に資する情報に限って公表することとしている」と述べ、明らかにしませんでした。

【2列目って意味が解らない?終息するかと思いきや!『「オミクロン株」国内2例目の確認 ペルーに滞在歴ある20代男性』】の続きを読む

このページのトップヘ