国内


市で人口5万人のまちで500人が職を失う、どうなる市の財政。


女性従業員「ただただショック」、市長「雇用危機」…アツギ東北工場閉鎖に悲鳴
 ストッキング大手「アツギ」(神奈川県海老名市)の100%子会社「アツギ東北」が、青森県むつ市などの工場の閉鎖を発表してから一夜明けた21日、地元に…
(出典:読売新聞オンライン)


ストッキング大手「アツギ」(神奈川県海老名市)の100%子会社「アツギ東北」が、青森県むつ市などの工場の閉鎖を発表してから一夜明けた21日、地元には衝撃が広がった。500人以上の働き口を失う「市始まって以来の雇用危機」(宮下宗一郎市長)。支援策の検討が急がれるが、有効策は見通せない。

 アツギによると、21日は事業所内で従業員向けの説明を行ったという。朝、工場に出勤途中だった女性従業員は「ただただショック。今後のことはまだ考えられない」と不安げに語った。アツギの古川雅啓・執行役員管理統括は読売新聞の取材に「50年以上続いた工場を閉鎖するのは苦渋の決断で、地域経済への影響も小さくないと考えている。労働組合との協議を通じて対応を検討したい」と声を絞り出した。

 「アツギ東北むつ事業所」は、1965年に解散した「むつ製鉄」の代替企業として誘致され、66年に操業開始。アツギの国内生産の基幹工場で、従業員数は一時約1000人に達し、現在も500人以上が勤める。民間では、下北地域最大の雇用の場となっている。

 新型コロナウイルスの感染拡大はストッキング市場にも暗い影を落としている。外出自粛で需要が落ち込み、2021年3月期連結決算は3年連続の赤字で、21年9月中間決算も赤字幅が前年同期より拡大。むつ事業所は半世紀の歴史に幕を下ろさざるをえなくなった。

 むつ事業所では既に希望退職を募集しており、20年夏以降に約270人が離職。当時、市は支援金の支給や一部を市で採用するなどの救済措置を取った。ただ、今回の人員整理は2倍に迫る規模で、市の担当者は「人口5万人のまちで500人が職を失えば市だけで対応できるレベルではない。工場の閉鎖は想定しておらず、どう対処してよいかわからない」と悲鳴を上げる。地域経済への影響を緩和できるかは、不透明な情勢だ。

【市で人口5万人のまちで500人が職を失う、どうなる市の財政。】の続きを読む


今後このような廃墟化が進む度に税金を使うのですかね?生かす道を模索できれば良いのに!


廃虚となった巨大観音像、なぜかオーナーは国…「税金」9億円かけて異例の解体工事中
 兵庫県淡路市で高さ約100メートルの巨大観音像の解体工事が進められている。観音像のオーナーは国。解体費約9億円は税金だ。なぜ国が観音像を持っている…
(出典:読売新聞オンライン)


兵庫県淡路市で高さ約100メートルの巨大観音像の解体工事が進められている。観音像のオーナーは国。解体費約9億円は税金だ。なぜ国が観音像を持っているのか。背景を探ると、老朽化した民間の巨大施設の処理を巡って苦慮する地方自治体の姿が浮かぶ。(加藤律郎)

大阪湾を望む淡路島の丘陵地に立つ「世界平和大観音像」。解体用の足場に囲まれた外観はタワーマンションのようだ。工事は今月から本格化する。外壁を撤去し、内側の鉄骨部分は頭部から順に切断してクレーンで地上に下ろす。6月頃には姿を消す予定だ。

観音像は地元の実業家の男性が1982年に建てた。内部に展望台や博物館があり、開業当初こそ観光客でにぎわったが、次第に寂れ、88年には男性が死亡。引き継いだ妻も亡くなり、2006年に閉鎖された。

 遺族は相続を放棄し廃虚化が進行。外壁はひび割れ、一部がはがれ落ちるなどした。国は相続人がいない土地や建物は国庫に帰属するとの民法の規定を踏まえ、20年3月に国有化して解体を決めた。費用は約8億8000万円に上る。財務省によると、1億円以上かけて建物を解体するのは極めて異例という。

解体に及び腰
 老朽施設を撤去する責任は、まずは所有者にある。ただし、倒壊の恐れなど周囲に危険を及ぼす建物は、自治体が空家対策特別措置法に基づき行政代執行で強制撤去できる。費用も所有者から回収できるが、実際は難しいのが現状だ。

淡路市は観音像の所有者の遺族側に対応を求めてきたが、行政代執行については「巨額の公費支出に住民の反発が予想され、具体的な検討は進まなかった」(担当者)と打ち明ける。

【今後このような廃墟化が進む度に税金を使うのですかね?生かす道を模索できれば良いのに!】の続きを読む


去年もそんな話題あったね『「痴漢祭り」 えぐいね、狙われたら試験どころじゃないね。』気を付けて自分の身は自分で守ろう!


「痴漢祭り」 大学入学共通テスト前、ネットで予告相次ぐ
…る駅を中心に制服警察官を配置したりと対策に乗り出した。  「共通テスト痴漢祭り」。テストが近づくにつれ、ネット掲示板にはこのような趣旨の書き込みが散見…
(出典:毎日新聞)


「明日はJK(女子高校生)痴漢しまくっても通報されない日です」。15、16両日に実施される大学入学共通テストを前に、受験生を標的にした痴漢をインターネットで予告する書き込みが相次いでいる。試験に遅刻したくない受験生の心理につけ込み、テスト当日であれば警察に突き出されないと踏んでいるとみられる。書き込みが相次いでいることを受け、神奈川県警はSNS(ネット交流サービス)で注意喚起したり、受験生が多く利用する駅を中心に制服警察官を配置したりと対策に乗り出した。

 「共通テスト痴漢祭り」。テストが近づくにつれ、ネット掲示板にはこのような趣旨の書き込みが散見されるようになった。ツイッターには「(以前も)友達が試験当日に痴漢に遭った」「試験当日は痴漢が増える」との投稿もあった。

 こうした書き込みを確認した県警は13日、犯罪抑止対策室のツイッターに「可能な限り女性専用車両を利用したり、混雑しやすい車両は避けましょう」と投稿。子どもや女性を犯罪から守るための情報発信サービス「ピーガルくん子ども安全メール」でも注意喚起した。

 また、県内54署に対し、試験当日は午前7時半~8時半の間、警察官が管内の駅のホームや改札口に立って警戒するよう呼び掛けた。さらに、駅周辺では赤色灯をつけたパトカーで巡回するよう通知したという。

 県警鉄道警察隊は「試験の影響で受験生が被害申告できなくなるような痴漢行為は拡散させてはいけない。全車両に警察官を配置して警備したい気持ちだが、少しでも警戒を強めて痴漢を防ぎたい」と話す。【洪玟香】

【去年もそんな話題あったね『「痴漢祭り」 えぐいね、狙われたら試験どころじゃないね。』気を付けて自分の身は自分で守ろう!】の続きを読む


消防士長YouTubeで生計立てれば!


YouTube投稿は副業 消防士長を減給、ゲーム実況で115万円
 動画配信サイト・ユーチューブへの投稿で収益を得たのは禁止されている副業に当たるとして、和歌山市消防局は11日、市北消防署の男性消防士長(33)を減…
(出典:毎日新聞)


動画配信サイト・ユーチューブへの投稿で収益を得たのは禁止されている副業に当たるとして、和歌山市消防局は11日、市北消防署の男性消防士長(33)を減給10分の1(1カ月)の懲戒処分にした。2020年12月から21年10月にかけて約115万円を得ており、市は「営利企業への従事等の制限」を定めた地方公務員法に抵触すると判断した。

 市消防局によると、消防士長はユーチューブにオンラインゲームの様子を鑑賞するチャンネルを開設。複数の参加者が乗り物の乗員となり、心理戦を展開する内容のゲームで、自身も参加し、計314本の動画を編集して投稿した。計約227万回再生され、再生回数に応じた収益を得ていた。

 21年10月、市に「ユーチューブで副業をしている消防士がいるのでは」との通報が寄せられた。ゲームでは参加者が音声でやり取りしており、市がその声から消防士長を割り出して聞き取り調査をしたところ、事実を認めたという。消防士長は家族の口座を収益の振込先としており、「副業についての認識が甘かった」と話しているという。【加藤敦久】

【消防士長YouTubeで生計立てれば!】の続きを読む


まじ笑える!良く食べるけど考えたこともない『年末に8時間かけて「のりたま」を仕分けた猛者が登場』


年末に8時間かけて「のりたま」を仕分けた猛者が登場…なぜやったの? 丸美屋にも感想を聞いてみた
…ふりかけ「のりたま」といえば、一度は食べたことがあるだろう。ノリやたまごなどの具材がバランスよく配合されているのだが、これを仕分けしたTwitter…
(出典:FNNプライムオンライン)


ふりかけ「のりたま」といえば、一度は食べたことがあるだろう。ノリやたまごなどの具材がバランスよく配合されているのだが、これを仕分けしたTwitterユーザーがいて話題になっている。

それが、ムーさん@s15さん(@silvia___15)。年の瀬が迫る、2021年12月29日~30日に「8時間10分」もかけて行ったという。仕分け後の画像では、具材がきれいに6つに分類されている。

ふりかけ「のりたま」といえば、一度は食べたことがあるだろう。ノリやたまごなどの具材がバランスよく配合されているのだが、これを仕分けしたTwitterユーザーがいて話題になっている。

それが、ムーさん@s15さん(@silvia___15)。年の瀬が迫る、2021年12月29日~30日に「8時間10分」もかけて行ったという。仕分け後の画像では、具材がきれいに6つに分類されている。

“努力の結晶”ともいえる光景に、Twitterでは「すげえーす、お疲れ様です」「前人未到の快挙」と賞賛の声が相次ぎ、投稿には13万以上のいいねが寄せられている。(1月7日時点)

きっかけは、のりたまの「焼き胡麻」の存在
のりたまは企業努力の末のこの絶妙な配合だからこそ、あの味となっているはずだ。それをなぜ、年末に長時間をかけてまで仕分けしたのか。

話を聞いてみると、ムーさん@s15さんの“のりたま愛”が伝わってきた。

――年末にのりたまを仕分けしたのはなぜ?

のりたまを食べている時にふと、焼き胡麻が入っている事に気が付きました。パッケージ裏の原材料名を見てみると胡麻の他に「こしあん」と書いてあり、「のりたまは何種類の具材で出来てるんだ?!」と疑問に思い、新しくのりたまを買いに行ったのが始まりでした。今回が初挑戦です!

――仕分けの流れを教えて。なぜ6つに分けた?

お皿にザッと出してみたら6種類に分ける事ができました。(今までなんとなく食べていたのりたま。こんなにも多くの具材で構成されていたのは更に驚きました)。仕分け作業は本当に地味で、皿に出してはピンセットで6種類に分ける、、、の繰り返しです(笑)

――やっぱり、のりたまは好き?

のりたまは大好きです!海苔の風味とタマゴの甘さがベストマッチ、さらに食欲をそそります♪ 僕の中ではゴハンのお供に迷ったら、まずはのりたま!

仕分け後には「感じたことのないような感動」
――8時間10分かかったというが、いつごろから始めた?

12月29日の17:00頃からスタートしました。思っていたより分別に時間が掛かってしまい、初日は夜遅くになってしまったのでラップをして日をまたぎました。 翌日は早朝から、ボチボチと休憩をしながらで、お昼頃に終了しました。映画を見たりしながらだと意外と作業がはかどりましたよ! オススメです♪

――仕分け中はどんなことを考えていた?終わった時の気持ちは?

始めたばかりの頃は「本当にこの作業は終わるのか?」「なんで分け始めたんだろう」と思った時もありました(笑)。ですが、中途半端に投げ出すことは嫌いなので「仕分けて、1種類ずつの味を堪能してやる!」の一心で頑張りました!。終わった時は達成感が凄かったです。山登りで登頂した時のような、、、今までに感じたことのないような感動でした。

1つずつ味を堪能。1番ビックリしたのが「抹茶塩」
――仕分けしたのりたまはどうしたの?

仕分けした具材は1つずつ味を堪能し、最終的には混ぜて元通りの姿に戻りました。分けるのに8時間でしたが戻すのは一瞬…。1番ビックリしたのが抹茶塩でした!数粒を食べただけで塩っけをすごく感じ、「抹茶塩と海苔でお茶漬けをすれば美味しかっただろうなぁ。」と後悔しています。

――話題となったことの受け止めは?

ふと思い立ってやってみた事が、まさかここまで拡散されるとは思ってもいなくてビックリしました。外国の方からも「それは何ですか?」と聞かれ、のりたまのツイートが海を越えちゃったんだなぁと。のり(黒)たま(黄)で、虎っぽいので、今年はのりたまの年ですね!(笑)

丸美屋「正確には7種類になります…」
ムーさん@s15さんが心残りにしていたことが、のりたまの原材料に入っている「こしあん」の正体。その思いに応えようと、製造元の丸美屋食品工業(東京)にも聞いたところ、担当者も今回の仕分けを知っていてこのように答えてくれた。

――のりたまを仕分けしたTwitterユーザーがいる。受け止めを聞かせて。

のりたまに興味を持っていただきありがとうございます。また、最後はおいしく召し上がっていただけて何よりでした。

――のりたまの具材はどんなものが入っているの?

正確には7種類になります。たまごの種類が3種類・海苔・さば削り節・胡麻・抹茶塩です。たまごは「たまごそぼろ:一番大きいパーツ ふっくら感」「たまご顆粒:サクサク食感」「ホロっとたまご顆粒:ホロっと崩れる食感」があり、2つの顆粒が見分けにくいと思います。

投稿者様の写真ですと、左下のものが「たまごそぼろ」。左上に「たまご顆粒」「ホロっとたまご顆粒」が混ざっているとみられます。

――原材料の「こしあん」はどんなもの?のりたまではどんな役割をしている?

こしあんがどのような用途でどこに使われているかにつきましては社外秘となっております。申し訳ございません。ちなみにのりたまで使われているこしあんは皆様が想像するあんこではなく、豆を粉末状にしたもので甘くないものです。

こしあんの秘密は教えてもらえなかったが、ムーさん@s15さんの熱意は届いたようだ。ムーさん@s15さんは「気になるふりかけはいくつかありますが、今のところは予定はないです! また思い立ったらふとチャレンジするかもしれません!」としているが、再び挑戦する日はくるのだろうか。

【まじ笑える!良く食べるけど考えたこともない『年末に8時間かけて「のりたま」を仕分けた猛者が登場』】の続きを読む

このページのトップヘ