国外


突然の数十個竜巻どういう事?逃げようがないですよね!一人でも多くの人が助かれば良いですね。


米で竜巻、50人超死亡か 南・中西部で数十個発生
 【ニューヨーク共同】米南部や中西部など6州で10日夜から11日未明にかけて数十個の竜巻が相次いで発生し、南部テネシー州などで少なくとも4人が死亡し…
(出典:共同通信)


【ニューヨーク共同】米南部や中西部など6州で10日夜から11日未明にかけて数十個の竜巻が相次いで発生し、南部テネシー州などで少なくとも4人が死亡した。南部ケンタッキー州のビシア知事は11日未明に記者会見し「州内の死者は50人を超え、最終的には70~100人近くに達するとみている」と述べた。非常事態を宣言し、連邦政府に支援を要請した。

ビシア氏によると、多数が死亡したとみられるのはケンタッキー州西部メイフィールドにあるろうそく工場で、内部に約110人がいたという。米メディアは建物がほぼ全壊した様子を伝えた。

【突然の数十個竜巻どういう事?逃げようがないですよね!一人でも多くの人が助かれば良いですね。】の続きを読む


モンキーズ懐かしい、昔は毎日のようにテレビで観てた、もうみんな旅経ってしまった。『モンキーズのギタリスト、ヴォーカリストのマイク・ネスミスが12月10日、78歳で永眠した。』


モンキーズのマイク・ネスミス、78歳で死去
…モンキーズのギタリスト、ヴォーカリストのマイク・ネスミスが12月10日、78歳で永眠した。 『Rolling Stone』誌によると、家族は「今朝、…
(出典:BARKS)


『Rolling Stone』誌によると、家族は「今朝、自宅で家族に囲まれる中、安らかに息を引き取った」との声明を出した。自然死だったという。

60年代半ばから、世界中で人気を博したモンキーズの一員として活躍してきたネスミスは、「Listen To The Band」「Sunny Girlfriend」「Tapioca Tundra」など多くの曲を作り、ソングライティングでも才能を発揮し、モンキーズ解散後はソロ活動を行い、10枚以上のアルバムを発表してきた。

この数年はモンキーズの活動を再開しており、先月14日、ミッキー・ドレンツと共に、モンキーズの最後のツアーと告知された<The Monkees Farewell Tour>を終えたばかりだった。

ドレンツは「心が張り裂けている。僕は大切な友人、パートナーを失った。最後の数ヶ月、僕らが最も愛すること──歌う、笑う、おどけながら一緒に過ごせてよかった。ものすごく寂しくなる。特に僕らのおふざけに関しては。ネズ、安らかに」と、追悼の言葉をあげている。

Ako Suzuki

【モンキーズ懐かしい、昔は毎日のようにテレビで観てた、もうみんな旅経ってしまった。『モンキーズのギタリスト、ヴォーカリストのマイク・ネスミスが12月10日、78歳で永眠した。』】の続きを読む


エリザベス女王は95歳、のんびり余生を過ごさせてあげて!『エリザベス女王が公務復帰するも“紫色の手”に注目が集まる』


エリザベス女王が公務復帰するも“紫色の手”に注目が集まる
…検査入院などが続いていたイギリスのエリザベス女王が11月17日、およそ1カ月ぶりにウィンザー城で公務を行った。女王の復帰は大きな喜びをもって迎えられ…
(出典:女性自身)


検査入院などが続いていたイギリスのエリザベス女王が11月17日、およそ1カ月ぶりにウィンザー城で公務を行った。女王の復帰は大きな喜びをもって迎えられたが、公開された写真を見て不安を唱える人が後を絶たないと、Mirror紙が報じている。

女王はこの日、今月末で退任するイギリス国防参謀長のニック・カーター将軍に謁見。杖も使わずに立ち、将軍と言葉を交わす様子を収めた写真が公開された。目を引くのは、顔と比べて明らかに紫色をした手の色だ。

Twitterでは、女王の手の色に関するツイートが続々と投稿されている。

《女王が復帰されたのは嬉しいが、この手は完全に青くなってしまっているように見える》

《女王の手に一体何があったの?》

《なぜ女王陛下の手はこんなに紫色なんだろう。よくない兆候なんじゃないの?》

シェイクスピア・メディカル・センターのジェイ・ヴァーマ医師はMirror紙に「レイノー現象か、あるいは本当に手が冷たいのかもしれません」とコメントした。

レイノー現象とは、手足の末梢動脈がけいれんを起こして極めて細くなり、血行障害を起こしている状態で、寒冷刺激や精神的なストレスで誘発されるという。

前出のMirror紙は、「紫色は、血液が脱酸素状態にあることを示しています。この手の色は、血行不良、衰えた皮膚、浮き出た血管、打撲、皮下組織への血液の漏出などが原因で引き起こされます」と、医師の見解を紹介している。

実際の理由はまだ明らかになっていないが、女王も95歳と高齢だ。英国民の間に、心配する声が広がっている。

【エリザベス女王は95歳、のんびり余生を過ごさせてあげて!『エリザベス女王が公務復帰するも“紫色の手”に注目が集まる』】の続きを読む


中国バブルはじけ経済先行き不透明、日本への影響が恐怖『傘下企業の全株売却 310億円調達 中国恒大』


傘下企業の全株売却 310億円調達 中国恒大
 【北京時事】経営危機に陥っている中国不動産開発大手の中国恒大集団は18日、保有する傘下のインターネットサービス会社・恒騰網絡集団の株式すべてを売却すると発表した。
(出典:時事通信)


【北京時事】経営危機に陥っている中国不動産開発大手の中国恒大集団は18日、保有する傘下のインターネットサービス会社・恒騰網絡集団の株式すべてを売却すると発表した。

これによる調達額は21億2800万香港ドル(約310億円)。

 恒大は約18%の恒騰株を香港投資会社の聯合資源投資控股に譲渡することで17日に合意。代金の20%は5営業日以内、残る80%は2カ月以内に支払われるとしている。恒大は今月上旬にも恒騰株を一部売却し、11億2500万香港ドルを調達していた。 

【中国バブルはじけ経済先行き不透明、日本への影響が恐怖『傘下企業の全株売却 310億円調達 中国恒大』】の続きを読む


かくありたい!二人共に生存し愛を貫き『戦争で挙式できず…90代夫婦の「77年越しの結婚写真」が素敵』


戦争で挙式できず…90代夫婦の「77年越しの結婚写真」が素敵
…米アイオワ州に暮らすロイス・キングさん(98歳)と妻のフランキーさん(97歳)は、高校時代に交際をスタートさせ、後に婚約。そして1944年の9月16…
(出典:コスモポリタン)


米アイオワ州に暮らすロイス・キングさん(98歳)と妻のフランキーさん(97歳)は、高校時代に交際をスタートさせ、後に婚約。そして1944年の9月16日に、晴れて夫婦となりました。しかし、当時は第二次世界大戦の真っただ中で結婚式を挙げることは叶わず…。そんな二人の、77年越しの結婚写真が話題を呼んでいます。

戦地へ向かう2日前に急いで入籍
婚約期間中の当時、ロイスさんとフランキーさんが会えたのは、空軍に所属していたロイスさんの短い休暇のときだけ。そして婚約から程なくして彼の元には、海外基地への出征命令が届きます。

そこで、二人は急いで入籍することを決意。出発まで2日しかなかったため、式の計画を立てることも、ウェディングドレスを入手することもできず、フランキーさんは唯一持っていた白いワンピースを、そしてロイスさんは空軍の制服を着用して、結婚の日を迎えたといいます。

当日はカメラマンも手配できなかったため、本来なら夫婦にとって一生の思い出になるはずの、結婚写真を撮ることさえ叶いませんでした――。

結婚後は、子供2人を育て上げ、4人の孫と7人のひ孫に恵まれたキング夫妻。そうして月日は流れ、結婚77周年を迎えた今年、二人に思いがけない機会が訪れます。周囲の人々の発案により、今一度ロイスさんとフランキーさんの結婚式が執り行われることになったのです。

当時を再現した小さな結婚式
<CBS News>によると、この計画は9月16日(夫妻の結婚記念日)に、彼らの家で訪問看護を行っているホスピスの看護師が、フランキーさんに投げかけた質問から始まったそう。

彼女が「結婚式の写真を見せてくれませんか?」と尋ねたところ、夫妻の過去の経緯を知り、「どうにかして二人に結婚写真を撮らせてあげたい」と思ったそうです。

そんな看護師の思いに共感したホスピスのスタッフたちは、すぐさま準備に取り掛かりました。

まずはフランキーさんのために、1940年代に作られたウェディングドレスを探して購入し、続いて夫妻の家の裏庭に、40年代風のデコレーションを施したそう。また、ロイスさんは77年前と同じように、空軍の制服を着てセレモニーに臨むことになりました。

さらには、ホスピスで働く音楽療法士やカメラマンの協力も得て、爽やかに晴れた秋空の下、40年代の音楽に包まれながら、夫妻のための小さなウェディングが始まったのです。

念願のウェディングドレスに身を包み…
幸運なことに、その時たまたま実家に帰省していた娘のスー・ビロドウさんも、このセレモニーに立ち会うことができました。スーさんは当日の様子を、次のように振り返ります。

「スタッフさんたちが、父を庭へ誘導して座らせた後、私たちはハンカチで彼に目隠しをしました。それから母を連れて庭を歩き、父の前に立たせたんです。『花嫁を見る準備はいい?』と聞きながら、父の目隠しを外しました」

ウェディングドレス姿のフランキーさんを見た瞬間、ロイスさんは「これ以上ないほどの笑みを浮かべた」とのこと。

「二人はお互いに見つめ合い、ただ微笑んでいました。とてもロマンティックな時間でした。きっと、結婚した当時にタイムスリップしていたのでしょう」

<USA Today>によると、「77年の結婚生活で最も幸せだったことは?」と報道陣に聞かれた際、ロイスさんはこのように回答したそう。

「それは、妻のフランキーが、いつも隣に居てくれたことです」

たとえ記念になる写真がなくとも、お互いへの確固たる愛だけを頼りに、長い年月を共に歩んできた二人。

彼らの絆を物語る、77年越しに撮影された結婚写真は、Facebookで4万回近くシェアされ、今も多くの人の心に感動を呼んでいます。

【かくありたい!二人共に生存し愛を貫き『戦争で挙式できず…90代夫婦の「77年越しの結婚写真」が素敵』】の続きを読む

このページのトップヘ