歌手


良いね、あの頃の懐かしい昭和が戻ってきた『中森明菜が中国でブーム再燃中 SNSで動画拡散「儚さゆえの美しさ」が人気』


中森明菜が中国でブーム再燃中 SNSで動画拡散「儚さゆえの美しさ」が人気
 昭和を知らない10~20代の間で「昭和レトロ」がブームとなっている。メロンソーダ、純喫茶、昭和ポップス──その波は、海を越えて中国にまで押し寄せて…
(出典:NEWSポストセブン)


昭和を知らない10~20代の間で「昭和レトロ」がブームとなっている。メロンソーダ、純喫茶、昭和ポップス──その波は、海を越えて中国にまで押し寄せている。中国に詳しいライターの話。

「いま中森明菜さん(56才)の存在が中国でカリスマ化されています。特に、彼女を真似たメイクが10〜20代の中国の女の子たちの間で大流行しているのです。SNS上には、どのようなポイントを押さえたら明菜さん風のメイクができるかを、わかりやすく紹介する投稿であふれています」

実は今回の中国での明菜人気は“第2次ブーム”。最初のブームは1980年代後半から1990年代にかけて起きていた。ただ、1980年代半ばまでは、中国で人気の日本人アイドルといえば山口百恵さん(63才)だったという。

「日中平和友好条約締結後の1984年、『血疑』というタイトルで百恵さん主演のドラマ『赤い疑惑』が中国で放送され、大ブームになりました。あの頃の中国人にとって、日本人女性といえば百恵さんでした。中国人女性は、当時、いまほど垢抜けていなかった。自分たちと異なる洗練された姿に憧れたわけです」

その後、松田聖子(60才)、そして明菜も徐々に人気を獲得していくが、明菜のたたずまいは多くの中国人にとって衝撃的だったという。

「聖子さんのような王道アイドルは中国にもいましたが、明菜さんはほかにない存在でした。媚びるどころか、けだるそうな雰囲気で、不良少女のような歌詞を歌い上げた。中国人がまったく見たことのないタイプの女性で、男女問わず多くの人が彼女の虜になりました」(前出・周さん)

やがて昭和が終わり、平成、令和と時代が移り変わる間に、メディア露出が激減した明菜。しかしいま、彼女の人気が、中国国内で再び高まっている。ブーム再燃を牽引するのは、中国のSNS・微博でフォロワー780万人を擁する美容系インフルエンサーのRubyや、上海市を中心に活動するアイドルグループSNH48の元メンバーのジュー・ジンイーら、拡散力をもつ女性たちだ。

「『十戒(1984)』を歌う若き日の明菜さんの動画が微博で拡散され、その存在は第1次ブームを知らない世代にも知られるところとなりました。いまや彼女のもつ『易碎感』は若者の心をつかんで離しません」(前出・周さん)

明菜風メイクの投稿には、確かに「易碎感」という表現が目立つ。一体どういう意味をもつのか。

「一言でいえば『儚さ』。少しでも強く触れたら壊れてしまいそうという“危うさ”を表現した言葉です。そのような気持ちを他者に抱かせる人に対しても、若者はこの言葉を使っています。生き馬の目を抜く中国芸能界にあって、儚くも美しい、唯一無二の存在です」(前出・周さん)

前出の中国に詳しいライターは熱く語る。

「明菜さんは、顔のパーツが小さく、そのうえ細身で、お人形さんのようです。そんな彼女が、苦しそうな、つらそうな、もの悲しげな表情で歌う姿は、『易碎感』の象徴のようです」

国も時代も超えて、彼女は人を魅了し続ける。

※女性セブン2022年3月31日号

【良いね、あの頃の懐かしい昭和が戻ってきた『中森明菜が中国でブーム再燃中 SNSで動画拡散「儚さゆえの美しさ」が人気』】の続きを読む


おめでとう、羨ましいこんな綺麗な人と結婚!『元V6坂本昌行さん、元宝塚雪組トップ朝海ひかるさんが結婚』


元V6坂本昌行さん、元宝塚雪組トップ朝海ひかるさんが結婚
 元V6のメンバーで俳優の坂本昌行さん(50)と、元宝塚歌劇団雪組トップスターで女優の朝海ひかるさん(49)が30日、結婚した。坂本さんが所属するジ…
(出典:読売新聞オンライン)


元V6のメンバーで俳優の坂本昌行さん(50)と、元宝塚歌劇団雪組トップスターで女優の朝海ひかるさん(49)が30日、結婚した。坂本さんが所属するジャニーズ事務所が発表した。

2人は連名で「人生のパートナーとしてお互いを 想おも い支え合いながら、二人三脚でこれからの人生を歩んでまいります」とコメントした。

 坂本さんは、1995年に6人組グループ「V6」としてCDデビューし、リーダーとして活躍。V6が先月解散した後は、俳優として活動。朝海さんは、91年に宝塚歌劇団に入団し、2002年に雪組トップスターとなり、06年に退団。その後は女優として活動している。

【おめでとう、羨ましいこんな綺麗な人と結婚!『元V6坂本昌行さん、元宝塚雪組トップ朝海ひかるさんが結婚』】の続きを読む


えっ!マジ。そんなファンではないけどなぜかショック!『神田沙也加さん急死 札幌のホテル高層階から転落』


神田沙也加さん急死 札幌のホテル高層階から転落
 女優の神田沙也加さん(35)が札幌市内のホテルの高層階から転落し、死亡したことが18日、分かった。北海道警は自殺を図った可能性もあるとみて調べてい…
(出典:スポーツ報知)


女優の神田沙也加さん(35)が札幌市内のホテルの高層階から転落し、死亡したことが18日、分かった。北海道警は自殺を図った可能性もあるとみて調べている。関係者によると、神田さんは18日昼頃、体に血がついた状態でホテルの14階の屋外スペースに倒れていたところを発見された。意識不明の状態で病院に搬送されたがその後、死亡が確認された。

 神田さんはこの日、主演ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の札幌公演(札幌文化芸術劇場)の昼公演(正午開演)に出演する予定だった。午前11時頃まで神田さんと連絡がつかなかったため、ダブルキャストで主人公イライザ役を演じている元宝塚宙組トップスターの朝夏まなと(37)が急きょ代役を務めた。スタッフや共演者には「神田さんは転落して現在重篤な状態です」との説明があり、神田さん以外の主要キャストも変更された。

 今作では11月14日の東京・帝国劇場から始まった同公演は全国を巡り、来年1月28日に福岡・博多座で千秋楽を迎えるはずだった。

 神田さんは1986年、歌手の松田聖子(59)と俳優の神田正輝(70)の間に生まれた。2002年5月に「ever since」で歌手デビュー、翌03年に映画「ドラゴンヘッド」で本格的に女優デビュー。両親譲りのルックスと歌声で人気を博した。

 その後はミュージカルなどの舞台に軸足を移し、14年のアニメ映画「アナと雪の女王」で主人公の王女アナ役の日本語吹き替えを好演。劇中歌「生まれてはじめて」の評価も高くブレイクした。来年4月からのミュージカル「銀河鉄道999」でもヒロイン・メーテル役に決まるなど、仕事も順調とみられていた。

 私生活では17年に俳優の村田充(44)と結婚を発表したが、19年に離婚した。

【えっ!マジ。そんなファンではないけどなぜかショック!『神田沙也加さん急死 札幌のホテル高層階から転落』】の続きを読む


蹴った理由が良く解らないんですけど?『歌手の鬼束ちひろ容疑者を逮捕 救急車を蹴った疑い』


歌手の鬼束ちひろ容疑者を逮捕 救急車蹴った疑い、警視庁
…時半ごろ、渋谷区恵比寿西1丁目の路上で、友人女性のために駆け付けた救急車を蹴った疑い。  鬼束容疑者は当時、現場近くで女性とパチンコをしていたと説明。
(出典:共同通信)


救急車を蹴ったとして、警視庁渋谷署は28日、器物損壊の疑いで、歌手の鬼束ちひろ容疑者(41)を現行犯逮捕した。鬼束容疑者は容疑を認めているという。

同署によると、28日午後4時35分ごろ、「救急車を蹴られた」と消防から通報があったという。鬼束容疑者は事件当時、友人と2人で恵比寿駅付近にいた。友人が体調を崩したため駆け付けた救急車を蹴ったとしている。同署は犯行動機などの捜査を進めている。

【蹴った理由が良く解らないんですけど?『歌手の鬼束ちひろ容疑者を逮捕 救急車を蹴った疑い』】の続きを読む


悔しいのは解るけど広い気持ちでそろそろ若手に席を譲ってあげて。


和田アキ子またも紅白出場ならず…若者に新曲バズッても笑って許せない「5年前の屈辱」
 19日、大みそか恒例の「第72回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。今年は、デビュー15周年の「KAT-TUN」や、昨年メンバーの新型コロナ…
(出典:日刊ゲンダイDIGITAL)


19日、大みそか恒例の「第72回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が発表された。今年は、デビュー15周年の「KAT-TUN」や、昨年メンバーの新型コロナ感染により出場を断念した「Snow Man」といったジャニーズ勢のほか、計10組が初出場する。一方、1971年に「よこはま・たそがれ」で初出場してから昨年まで、歴代最長の50年連続出場の五木ひろし(73)の名前はなかった。

 ここ数年、マンネリを打破するために出場歌手の新陳代謝が図られ、大物歌手の出場機会が失われつつある。その一人が和田アキ子(71)で、「今年こそ復活か」と期待されていたが、今年も出場しないことが判明した。毎年、年末が近づくたびに和田の出場が取り沙汰されるが、紅白でその姿が見られなくなってから早くも5年が経過している。

「2016年の年末に40回目の出場になるはずの和田が落選した際、理由としてあげられたのが、NHK内であがった『世代交代を推す声』によるもの。確かに和田が落選したあたりまで、近年これといったヒット曲がないにもかかわらず大物歌手が出場し続けていることに一般からも疑問の声が上がっていました。和田もその内の一人に数えられていましたが、今年は紅白出場歌手の条件と言われる『今年の活躍』『世論の支持』に当てはまっていただけに、和田の落選は意外でした」(スポーツ紙記者)

■依頼があっても出場は「ありえない」と語っていた

 和田が歌手として底力を見せつけたのが、9月にリリースされた新曲「YONA YONA DANCE」。リリースからほどなく動画投稿サイト「TikTok」で若者を中心にバズり、「YouTube」でもPVの再生回数が1000万回を突破している。この楽曲をきっかけにインフルエンサーとのコラボも実現させている。

 実績は申し分ない和田本人も、今年こそ出場と意気込んでいたのかというと実際はそうでもなかったようだ。和田は大トリのほか司会を務めるなど、紅白に並々ならぬ思いがあったのは確かだが、2016年に落選したときは『毎日泣いた』『今回は(紅白を)見たくない』とショックを隠しきれず、その後はNHKへの恨み節をことあるごとに吐き出していた。 

 2017年1月27日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)の「本音でハシゴ酒」に出演した際の発言が、2016年時の落選の根深さを物語っている。

<(NHKには)もうちょっと大人の対応をしてほしかった。やっぱり持ちつ持たれつやったから>と話す和田に対して、松本人志(58)は<でも復活して欲しいですけどね>と振られるも、<私はもうないな>とキッパリ。小島瑠璃子(27)から<来年依頼が来たときは>と聞かれても、<ありえないな>と答えていた。

 今年、和田が紅白に出場しなかったことについて、所属事務所はこう回答した。

「(紅白出場の打診があったかどうかは)お話できません。(「YONA YONA DANCE」がバズったことで和田を)持ち上げる記事はありましたが、(和田の)紅白出場に関する噂を耳にしたことはないですね」(ホリプロ担当者)

 5年たった今も、笑って許せないということか。

【悔しいのは解るけど広い気持ちでそろそろ若手に席を譲ってあげて。】の続きを読む

このページのトップヘ