歌手


乳がんの初期なら摘出ですんだかも?『太田裕美さん 以前から気付いていた右胸の「しこり」がポコンと…「乳がん」初期ではなく


太田裕美さん 以前から気付いていた右胸の「しこり」がポコンと…「乳がん」初期ではなく
…一病息災 ピアノ弾き語りの「雨だれ」で1974年にデビューし、翌年には「木綿のハンカチーフ」が大ヒット。この曲は今でも若いミュージシャンにカバーされ…
(出典:読売新聞(ヨミドクター))


ピアノ弾き語りの「雨だれ」で1974年にデビューし、翌年には「木綿のハンカチーフ」が大ヒット。この曲は今でも若いミュージシャンにカバーされ、自身も歌い続ける「宝物」になった。

 ヒット曲に恵まれた歌手生活は2019年に45周年。特別な年として、新しいアルバムの発売や大きな記念コンサートなどに気力を充実させていた。

 元々病気とは無縁で、病院嫌いの気持ちもあって、検診は受けてこなかった。今思えば、右胸にしこりがあるのは以前から気付いていたが、気にせずに過ごしてきた。

 ところが、痛みを感じるようになり、改めて見ると、ポコンと出て大きくなっている。「マズイかもしれない」。コンサート活動が一段落したこの年の5月に病院を受診した。

 超音波検査の結果を見た医師が「ちょっと気になる」と組織を採取。1週間後に受診すると、「間違いない」と乳がんを伝えられた。「ある程度、覚悟はしていたので、まあしょうがない」と冷静に受け止めた。気になったのは仕事のスケジュールで、「仕事を続けながら治療できる」と言われて、ひと安心。ただ、詳しく検査をして、初期ではないとわかった。

 家族に知らせると、長男からは「5年生存率を調べたよ。ちゃんと治療すれば大丈夫」というメールが届いた。動揺しながらも安心の材料を家族で確かめた。

デビュー45周年の記念の年、2019年5月に乳がんと診断された。この年はコンサートも多く、仕事と病院のスケジュールを合わせ、手術は7月となった。手術前の6月には、1年前から計画していた夫婦での8日間のスペイン旅行を楽しんできた。

 「予定を空けてあったし、合間に検査を受けて手術に備えました」。治療最優先というよりも、できるだけ仕事に影響しないように進めることにした。

 手術は体への負担が軽い内視鏡によるもので、月曜日に入院して4日で退院。土曜日のコンサートに予定通りゲストとして出演し40分間歌うことができた。

 日常のペースは病気に左右されなかったが、乳がんとわかって一変した生活習慣がある。「浴びるほど飲んでいた」というお酒。診断の後の医師の説明にショックを受けた。

 「乳がんの発症と飲酒は関係が深いので、これからは控えめにしてください」

 子供が生まれてから、お酒を飲む以外は、栄養バランスを考えたオーガニックな食事を習慣にして規則正しい生活を心がけてきた。風邪さえほとんどひかず、健康には自信があった。飲酒が自分の乳がんの原因とまでは言えないが、「大好きなお酒が良くなかったなんて」とがっかりした。

 習慣を改めた。最初の診察の日、家に戻ったら飲もうと冷やしておいたワインは、治療を終えて経過観察になるまでの1年、そのままになっていた。(渡辺勝敏)

【乳がんの初期なら摘出ですんだかも?『太田裕美さん 以前から気付いていた右胸の「しこり」がポコンと…「乳がん」初期ではなく】の続きを読む


『B・J・トーマスさん死去 映画「明日に向かって撃て!」米歌手「雨にぬれても」』映画も歌も良かった


B・J・トーマスさん死去 米歌手「雨にぬれても」
 B・J・トーマスさん(米歌手)29日、米南部テキサス州アーリントンの自宅で死去した。  78歳。肺がんだった。公式サイトで公表された。  オクラホ…
(出典:時事通信)


 B・J・トーマスさん(米歌手)29日、米南部テキサス州アーリントンの自宅で死去した。

 78歳。肺がんだった。公式サイトで公表された。

 オクラホマ州出身。映画「明日に向かって撃て!」の主題歌「雨にぬれても」で知られ、グラミー賞を5回受賞した。3月にはステージ4の肺がんであることを表明していた。

【『B・J・トーマスさん死去 映画「明日に向かって撃て!」米歌手「雨にぬれても」』映画も歌も良かった】の続きを読む


可愛すぎる2歳の歌姫・ののちゃんがCMソングに初挑戦


2歳の歌姫・ののちゃんがCMソングに初挑戦
…2歳の歌姫、“ののちゃん”こと村方乃々佳ちゃんが、除菌スプレー『クイックル Joan』の新CMに出演することが26日に発表されました。 CMは、家族…
(出典:日本テレビ系(NNN))


2歳の歌姫、“ののちゃん”こと村方乃々佳ちゃんが、除菌スプレー『クイックル Joan』の新CMに出演することが26日に発表されました。

CMは、家族が集まるリビングで“ののちゃん”が歌を披露するというもの。シンガー・ソングライターの秦基博さんが手がけたCMソング『Joan』を、かわいらしい仕草とともに歌っています。

CMソング初挑戦でありながら、終始笑顔で現場を和ませていた“ののちゃん”ですが、撮影後には「大変だった~」とひと言。家に帰ったらやりたいことを聞いてみると「おままごと!」と答えていました。

“ののちゃん”は、2歳5か月で出場した「童謡こどもの歌コンクール」で『いぬのおまわりさん』を歌い、史上最年少で銀賞を受賞。同大会の公式YouTubeチャンネルにアップされた歌唱動画が話題となり、史上最年少童謡歌手として26日に初のソロ・アルバムをリリースしました。

【可愛すぎる2歳の歌姫・ののちゃんがCMソングに初挑戦】の続きを読む


ステージ3~4で抗がん剤中止?がんばれシャネルズ・ラッツ&スター桑野『大腸がんに負けるな!』


大腸がん手術の桑野信義、抗がん剤治療を中止「酷い副作用に耐えられなく…家族含め話し合い」
 昨秋にステージ3~4の大腸がんと宣告され、手術していたことを自身のブログで明かした「ラッツ&スター」のトランペッターでタレントの桑野信義が17日に…
(出典:スポーツ報知)


昨秋にステージ3~4の大腸がんと宣告され、手術していたことを自身のブログで明かした「ラッツ&スター」のトランペッターでタレントの桑野信義が17日にブログを更新。抗がん剤の副作用がひどく、家族と話し合った結果、治療を止めることにしたことを報告した。

 桑野は「爺は大腸癌ステージ3~4で転移していたリンパ節ごとごっそりと手術で切除しましたが、やはり再発の可能性は否めないので術後も抗癌剤治療を開始したんですが…」とこれまでの経緯を説明。そして「手術前より酷い副作用に耐えられなくて主治医の先生や会社、家族を含め話し合い治療を止めることにしました」と抗がん剤治療を中止すると明かした。

 今後は「代わりに癌細胞を身体から消しさることを目標とし自己免疫力をUPさせる為に日夜…夜は寝てますが 生活習慣を変えた模範囚の爺です 64才で生まれ変わった爺は…1才の赤ん坊です バブー」と自己免疫力を上げていきたいとした。

 これまでの生活を「考えてみたら今までストレスだらけの人生でした」と振り返り、「なので普段の生活を改めることに努めている 先ずは煙草・酒を断ち(自然に飲めなくなった)食生活を見直し適度な運動をして睡眠をしっかりとる」と生活習慣の改善から始めているとつづった。「今の爺にとって一番大切なのはストレスを感じないこと 自分の好きなことを楽しむこと&笑うこと」と続けた。

 今後は「とにかく今は自分の身体のことだけを考え爺爺’Sは今日から少しの間ブログをお休みします ★返信も滞りますのでご了承くださいね★」とブログをいったん休止することを報告。「★闘病仲間の皆さん!決して逃走仲間とならず 逃げずに全てを受け入れ諦めずに闘いましょう お互いにNEVER GIVE UPだよ ★またふらっと戻ってくるからね 皆んなそれぞれ毎日を大切に生きまSHOW」と結んだ。

【ステージ3~4で抗がん剤中止?がんばれシャネルズ・ラッツ&スター桑野『大腸がんに負けるな!』】の続きを読む


拓郎もう75歳か、晩年は好きな歌でも聴きながら昔話も良いのでは。『吉田拓郎が明かす夫婦の終活 妻・森下愛子は「1年前に引退」』


吉田拓郎が明かす夫婦の終活 妻・森下愛子は「1年前に引退」
…「これからの老老人生、ふたりで協力して、できれば明るく、できれば平穏に、できればより長く、助け合って生きていこうと思っています」──4月9日、吉田拓…
(出典:NEWSポストセブン)


「これからの老老人生、ふたりで協力して、できれば明るく、できれば平穏に、できればより長く、助け合って生きていこうと思っています」──4月9日、吉田拓郎(75才)は自身のラジオ番組で、1986年に再々婚した妻・森下愛子(63才)との“老後“を口にした。

吉田は長きにわたり病と闘い続けてきた。2003年に肺がんが見つかり、肺の3分の1を切除。2007年にはブログで《更年期障害、ストレス、うつ病の入り口》と告白し、さらに2014年には、のどにがんが見つかった。そのたびに森下は、女優業をセーブするなどして吉田をサポートしてきた。結婚35年を迎えたおしどり夫婦は、最近よくこんな話をしているという。

「どちらかが寝たきりになったらどうするか、という話をしているんです。いざというときのために、いまから何をすべきか話し合っているようです」(吉田の知人)

 実際、ふたりはすでに“終活”を始めていた。

「森下さんのテレビ出演は、2017年のドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)が最後。そんななか久しぶりに彼女の出演が噂されたのが、先日放送されたドラマ『俺の家の話』(TBS系)です。脚本家の宮藤官九郎さん(50才)と主演の長瀬智也(42才)さんとは、何度も共演した仲。長瀬さんがジャニーズを退所する前の最後の作品なので、森下さんの出演も期待されていた。ですが、それはかなわなかった」(芸能関係者)

 その理由は冒頭のラジオで判明した。吉田が「森下愛子さんもね、1年前からすべてのドラマの撮影の世界からのリタイアを決断しておりまして」と、森下の“引退“とも取れる発言をしたのである。

「拓郎さんの闘病生活を支えるなか、新型コロナという社会の変化もあって決断したようです。森下さんだけじゃありません。近く、夫婦揃ってリタイアする意向のようです」(前出・吉田の知人)

 昨年7月、吉田は今夏のツアーをもってライブ活動に終止符を打つと発表した。しかし、新型コロナの感染が拡大する状況を鑑みて、開催の中止を決定。代わりに吉田が“人生の集大成“と位置づけているのが、ラストアルバムだ。

「このアルバムは、親交のあるKinKi Kidsの2人も、何らかの形で参加する予定になっています。リリース時期は未定ですが、拓郎さんは『解放されたい』とよく言っているので、そう遠くないタイミングで出すと思いますよ。すでにアルバム発売後は“完全なるリタイア“を宣言されています」(音楽関係者)

 夫婦は終活だけでなく、死後の話までしているという。

「ちょっと気が早い話ですが、拓郎さんは自分が死んだ後に、『追悼番組』が放送されることが嫌なんです。拓郎さんクラスになれば、各局が追悼番組を組むのは当然。その番組に友人や知人が出て、いろんな思い出話をされるのが嫌だそうで……(笑い)。

 拓郎さんは森下さんに『追悼番組の打診が来たら、絶対に断って!』とお願いしたそうです。すると森下さんが、『ベラベラしゃべりそうな人よりも、あなたが長生きすればいいじゃない』と返したとか」(前出・吉田の知人)

 吉田はこのエピソードをラジオ番組で披露し、「よ~し、長生きしなきゃな!」と、声を弾ませた。死後のことまで楽しく話せる吉田夫婦。この夫婦が芸能界の一線からリタイアするのは残念だが、晩年はふたりの時間を楽しんでほしい。

【拓郎もう75歳か、晩年は好きな歌でも聴きながら昔話も良いのでは。『吉田拓郎が明かす夫婦の終活 妻・森下愛子は「1年前に引退」』】の続きを読む

このページのトップヘ