食品


販売可能まで待ちましょう、後は家で手作りもありかな!『「マックフライポテト」再びSサイズのみ販売に 9日から1ヶ月程度 物流混乱やコロナ禍の影響』


「マックフライポテト」再びSサイズのみ販売に 9日から1ヶ月程度 物流混乱やコロナ禍の影響
…到着にさらなる遅れが生じている状況です」と説明。  その上で、1月9日から1ヶ月程度をめどに、セットメニューを含め「マックフライボテト」はSサイズのみ…
(出典:オリコン)


日本マクドナルドは7日、人気商品の「マックフライポテト」を9日から1ヶ月ほどSサイズのみの販売とすることを発表。原料であるポテト輸送の経由地、カナダ・バンクーバーでの貨物滞留や、雪の影響、コロナ禍による世界的な物流網の混乱によるものとしている。同商品は昨年末(12月24日から30日まで)にもポテトの輸入遅延でMサイズとLサイズの販売を休止していた。

同社は、「当社が北米から輸入しているポテトについて、船便の経由地であるカナダ・バンクーバー港近郊での大規模水害、およびコロナ禍での世界的物流網への混乱の影響による輸入遅延が発生しております」とし、「これを受け当社では、昨年末に一時的にSサイズのみの販売とする対応をさせていただきました。しかしながら、その後も輸入遅延が続いていることに加え、バンクーバーにおける貨物の滞留や雪の影響による混乱、航路上での悪天候ど不測の事態が重り、1月上旬から中旬にかけて予定していた船便の到着にさらなる遅れが生じている状況です」と説明。

 その上で、1月9日から1ヶ月程度をめどに、セットメニューを含め「マックフライボテト」はSサイズのみの販売とすることや、夜マックの「ポテナゲ大」「ポテナゲ特大」の販売休止を発表した。

【販売可能まで待ちましょう、後は家で手作りもありかな!『「マックフライポテト」再びSサイズのみ販売に 9日から1ヶ月程度 物流混乱やコロナ禍の影響』】の続きを読む


おっ!出た。っと思ったら通常価格やん!『かっぱ寿司、23日登場の「期間限定メニュー」がスゴすぎる ひと皿に6貫も…』


回転寿司チェーンの「かっぱ寿司」が、23日~12月2日の期間限定で新商品『やんちゃ盛り サーモンいくら』を販売。「やんちゃ盛り」というネーミングに負けないぶっ飛んだ商品のようだ。


画像をもっと見る■ひと皿に6貫だと…

今回登場する『やんちゃ盛り サーモンいくら』は、遊びゴコロを持ちつつも「うまい!」を実現した「本気寿司シリーズ」の
第一弾に当たる。

この商品はサーモン6貫をピラミッド状に盛り、その上にいくらを散らすという、まるで子供が描いた夢を実現したかのような商品。ちなみに、かっぱ寿司が本社を構える「横浜ランドマークタワー」から着想を得たのだとか。

なお、かっぱ寿司公式も「お召し上がりの際はぜひお写真を撮っていただき、その『やんちゃ』満載の迫力をお楽しみください!」と斬新な楽しみ方も提案している。


関連記事:かっぱ寿司のとんでもない新商品 食べてみたら作った理由がわかる美味しさだった

■気になる価格は…

気になる商品の価格は330円。サーモンを3皿(6貫)頼んだ価格と同じであるが、そこにいくらがプラスされている時点でお得であるのはいわずもがなだろう。

なお、この新メニューはかっぱ寿司全店で販売される。店内飲食限定でお持ち帰り不可となっているため注意が必要だ。

■お食事券が当たるかも…?

同期間内にある条件を満たすと、かっぱ寿司お食事券2,000円分を抽選で50名にプレゼントする企画も実施されている。

その条件とは、かっぱ寿司公式ツイッター アカウントをフォローして、対象のキャンペーンツイートに「#かっぱのやんちゃ盛り」をつけて引用ツイートするだけ。簡単であるため、気軽にチャレンジしてみよう。


■回転寿司が好きな人は約8割
ひと皿110円というコスパでありながら、次々と斬新な新メニューも提案してくれる回転寿司。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,342名を対象に「回転寿司」に関する意識調査を実施したところ、「大好き」と「まあまあ好き」を合わせた「回転寿司が好きな人」の割合は、全体で77.3%という結果に。

【おっ!出た。っと思ったら通常価格やん!『かっぱ寿司、23日登場の「期間限定メニュー」がスゴすぎる ひと皿に6貫も…』】の続きを読む


良い商品に目を付けたね、今やから揚げと餃子はかなり厳しい市場になってるけど頑張ってください『シウマイの崎陽軒、新商品「ギョウザ」を発売 中食需要を狙う』


シウマイの崎陽軒、新商品「ギョウザ」を発売 中食需要を狙う
 シウマイで知られる崎陽軒が、新商品「ギョウザ」を一部店舗、通信販売で11月23日に発売する。価格は15個入りで620円。コロナ禍で定着した中食需要…
(出典:ITmedia ビジネスオンライン)


シウマイで知られる崎陽軒が、新商品「ギョウザ」を一部店舗、通信販売で11月23日に発売する。価格は15個入りで620円。コロナ禍で定着した中食需要を取り込む狙いだ。

 「ギョウザ」は、国産豚肉とオホーツク海産の干帆立貝柱のうま味が詰まった一口サイズのものになっている。シウマイで培ったノウハウを生かした商品。シウマイ同様に化学調味料や保存料を使用せず、安心して食べられるようにした。

 コロナ禍での観光需要の落ち込みから、同社の看板商品シウマイ弁当の売り上げは、昨年4月に前年の4割以下にまで落ち込んだという。本社を構える横浜市は、コロナ禍で20年の観光客数が1629万人と、前年(3634万人)と比べて55.2%減となった。新商品投入でコロナ禍での落ち込みを取り戻せるか。

【良い商品に目を付けたね、今やから揚げと餃子はかなり厳しい市場になってるけど頑張ってください『シウマイの崎陽軒、新商品「ギョウザ」を発売 中食需要を狙う』】の続きを読む


発端はYouTube動画『「絶対食べるもんじゃない」「体が拒否する」 あの大人気お菓子を食べない宣言!?』


草なぎ剛「絶対食べるもんじゃない」「体が拒否する」 あの大人気お菓子を食べない宣言!?
 俳優の草なぎ剛(47)が読売テレビ「草なぎやすともの うさぎVSかめ」(日曜後0・35)に出演。人気沸騰中のあのお菓子について「絶対食べるもんじゃ…
(出典:スポニチアネックス)


俳優の草なぎ剛(47)が読売テレビ「草なぎやすともの うさぎVSかめ」(日曜後0・35)に出演。人気沸騰中のあのお菓子について「絶対食べるもんじゃない」と語った。

番組の終盤、最近流行っている商品を取り上げるコーナーに登場したのは、ドイツ製の「地球グミ」というお菓子だ。パッケージには地球が描かれ、円球の青いグミの中にはマグマに見立てたストロベリーソースが入っている個性的な見た目。韓国のユーチューバーの動画から人気が出た。

 草なぎは「これ知ってる!」と口にしつつ、「そんなに人気なんですか? バズってるんですか?」と怪訝な顔をする。おそるおそる手に取って「食べたことないです」とポツリ。「オレ、こういうのはあまり食べないんですよね…。なんかね、体が拒否するんですよ」と気持ち悪いものを見るような視線を向けた。

 ここで共演の漫才コンビ「海原やすよ・ともこ」の海原ともこ(49)が試食して、「食べた後もずーっとすっぱい。味はおいしい」と満足顔を見せる。しかし、それでも草なぎは翻意せず。「絶対食べるもんじゃないよ。あげるあげる。怖いよ~」と苦笑いを浮かべるばかりだった。

【発端はYouTube動画『「絶対食べるもんじゃない」「体が拒否する」 あの大人気お菓子を食べない宣言!?』】の続きを読む


良いね、全国餃子行脚に行きたいね。埼玉も個人商店など隠れた名店が評判を上げてます。


名古屋でギョウザ戦争がヒートアップ 無人販売など群雄割拠
…中部地区に空前のギョウザブームが到来しそうな気配だ。全国を席巻する「餃子の雪松」(群馬県)の名古屋上陸を皮切りに、持ち帰り冷凍ギョウザの24時間無人…
(出典:日本食糧新聞)


中部地区に空前のギョウザブームが到来しそうな気配だ。全国を席巻する「餃子の雪松」(群馬県)の名古屋上陸を皮切りに、持ち帰り冷凍ギョウザの24時間無人販売店が同市内を中心に続々とオープンしている。JBイレブン(名古屋市)が手掛ける「50年餃子」など外食チェーンから、老舗中華料理店「夜来香」(同)などの個人店、異業種の参入まで群雄割拠だ。名古屋の「ギョウザ戦争」が、にわかにヒートアップし始めている。

激戦区の名古屋市で新たな勝負に挑むのは、有人ギョウザ販売店を豊田市と岡崎市に展開する「三九餃子」だ。8月、三河地区を飛び出し、無人販売店の安田通店(名古屋市昭和区)を出店した。

三九餃子(36個入り、税込み1000円)の特徴は、三河産ブランド豚「みかわもち豚」を100%使用している点だ。特に名古屋市に在住・在勤・在学の三河出身者は、地元産の豚肉を使ったギョウザに関心を寄せているという。

今回の出店では、ギョウザ専門店が乱立する昭和区であることから、大通り沿いで食品スーパーが隣接し集客が見込める立地を選んだ。担当者は、「将来的に水ギョウザや小籠包へ広げたい」と商品の充実を図っていく構えだ。

また、名古屋市内を中心に遊興施設を展開する新日本実業(名古屋市)は、ギョウザを売りにした居酒屋を9月22日に開店した。中村区の広小路通沿いにある「ひとくち餃子 ストライク」は、酒に合う小ぶりのギョウザをメーンに各種おつまみを取り揃えるほか、ご飯ものも充実させ、夕食時だけでなくランチにも使いやすくしている。また、ギョウザのテークアウトに加え、宅配にも対応していく。

老舗キャバレー「花園」など計10店舗を運営する同社は、今回の出店を新規事業と位置付ける。「おつまみギョウザ」を武器に、コロナ後を見据えた新たな客層の掘り起こしに挑む。

日本食糧新聞社

【良いね、全国餃子行脚に行きたいね。埼玉も個人商店など隠れた名店が評判を上げてます。】の続きを読む

このページのトップヘ