ニュース


「日本では善意あるかと…」もうそんな時代ではないよ、無店舗販売やめた方が良いですよ。


1万6千円分一掴みの“35秒間”捉える…馬刺しの無人販売店で万引き被害 社長「日本では善意あるかと…」
 無人販売店で“高級馬肉”が万引きされる様子を防犯カメラが捉えていました。  先週、さいたま市内にある馬肉の無人販売店の防犯カメラが捉えた映像。午後…
(出典:東海テレビ)


無人販売店で“高級馬肉”が万引きされる様子を防犯カメラが捉えていました。

 先週、さいたま市内にある馬肉の無人販売店の防犯カメラが捉えた映像。午後8時ごろトートバッグを持った男が入店してくると、まっすぐ冷凍ケースへ。

 蓋を開け、ほかの商品も確認する仕草を見せます。すると…商品を手に取り、くるりと体を回転させると、料金を支払わずそのまま店を出ていきます。

 その間、わずか35秒。被害に遭ったのは、さいたま市にある「ONIKUSTAND東大宮店」。熊本県産の馬刺しの無人販売を行っていますが本社は名古屋にあり、愛知を始め、全国に13店舗を展開しています。

ONIKU STANDの社長
「これになるんですけども、1番うちで高い商品で100グラムで4000円するんですけど。目を疑いましたけど、ショックというか怖いなっていう印象でしたね」

 盗まれたのは、1パック4000円の”高級霜降り”の馬肉。しかも、4パック、1万6000円分をひとつかみで盗んでいきました。

 現金を盗まれるリスクもあるため、多くの店でキャッシュレス決済専用のレジを設置。被害にあった店では現金による清算もできたといいますが、男はレジの方へ進む様子は一切見せず、出入り口に向かうと、手をアルコール消毒して店をあとにしました。

社長:
「海外とかだったら、自販機とか置いてもそれごと持ってかれるとか、破壊されるだったりとか、ニュースとか調べたりしてあったので、日本だと善意があるかなと思ってやってたんですけど。1人でもそういう方がいると運営できなくなってしまう。できれば返金だったり商品を返していただけたら嬉しいなと思います」

 店側は被害届を提出し、警察が窃盗事件として捜査しています。

【「日本では善意あるかと…」もうそんな時代ではないよ、無店舗販売やめた方が良いですよ。】の続きを読む


奨学金で大学卒業してもマグロ漁船員、時代は変わった『マグロ漁船員、大卒の志望者増 3Kイメージ変化 「奨学金返済したい」の声も』


マグロ漁船員、大卒の志望者増 3Kイメージ変化 「奨学金返済したい」の声も
 宮城県気仙沼市の遠洋マグロ漁船員を志す大卒者が増えている。若い世代でマグロ漁船に対するかつてのきつい、汚い、危険の「3K」イメージが薄まりつつある…
(出典:河北新報)


宮城県気仙沼市の遠洋マグロ漁船員を志す大卒者が増えている。若い世代でマグロ漁船に対するかつてのきつい、汚い、危険の「3K」イメージが薄まりつつあることに加え、新型コロナウイルス下での価値観の変容や経済停滞が背景にありそうだ。

■「好きなことに挑戦」

 気仙沼港を基地とする遠洋・近海漁船の乗組員採用を担う宮城県北部船主協会(気仙沼市)によると、東日本大震災後に仲介した漁船員161人中、大卒者は12人。このうち昨年度だけで遠洋船乗組員に仲介した大卒者は5人いる。問い合わせ全体に占める大卒者の割合も増加傾向という。

 大東文化大を卒業し、船主協会での研修を終えて22日に出港する男性(22)=米沢市=は「好きなことに挑戦し、世界を広げたかった」と話す。

 今春、早大を出て30日に出港する男性(23)=横浜市=は「就職活動ではやりたい仕事がなかった。世界を巡り大きなマグロを取る漁師に憧れた」と目を輝かせる。

 これまで他にも防衛大、筑波大、東北大などの卒業生や大学院出身者から志願があった。大卒者はこれまで希少だったが、受け入れた船頭からは「仕事の覚えがいい」と好評という。

■職場環境を発信

 担い手確保に向け、船主協会がブログや動画で仕事のやりがいや労働環境の改善状況を発信してきたことが3Kイメージの変化に貢献しているようだ。事務局長の吉田鶴男(たづお)さん(51)は「みんな明るく前向き。誇れる職業の一つと捉えられている」と手応えを語る。

 新型コロナの影響も見え隠れする。ある大手ゲームメーカー勤務の20代男性からは「生きている実感が欲しい」と就労相談があった。乗船には至らなかったが、リモートワーク続きでゲーム制作の気力を失ったと吐露していたという。

 コロナで経済が打撃を受ける中、「奨学金の返済に充てたい」と高い収入に魅力を感じる大卒者も少なくない。コロナ流行後、船主協会への問い合わせは月に10件以上と高水準が続く。

 一般社団法人全国漁業就業者確保育成センター(東京)によると、1年ほど前から全国的に大卒者の遠洋マグロ漁船への関心が高い傾向が見られる。担当者は「大きな夢を抱いて船に乗る若者を定着させるのが課題。受け入れ態勢をより充実させたい」と話す。

河北新報

【奨学金で大学卒業してもマグロ漁船員、時代は変わった『マグロ漁船員、大卒の志望者増 3Kイメージ変化 「奨学金返済したい」の声も』】の続きを読む


これは遺族納得しないでしょ!被害者の反応を楽しんむ行為が許せない。『山下昌司 男に懲役2年の実刑 量刑どうみる?』


クレーンで同僚つり上げ暴行 男に懲役2年の実刑 量刑どうみる?
…ンで振り回した暴行罪などに問われていた男の裁判で鹿児島地方裁判所は男に懲役2年の実刑判決を言い渡しました。 判決を受けたのは鹿屋市上野町の会社員山下昌…
(出典:KKB鹿児島放送)


去年、鹿児島県薩摩川内市で同僚をクレーンで振り回した暴行罪などに問われていた男の裁判で鹿児島地方裁判所は男に懲役2年の実刑判決を言い渡しました。

判決を受けたのは鹿屋市上野町の会社員山下昌司被告(43)です。
判決によりますと山下被告は去年8月から10月にかけて薩摩川内市の川内川の川岸で、一緒に橋の補修工事をしていた同僚の男性をクレーンで吊り上げ振り回す暴行をしけがをさせ川に入って泳ぐよう強要しました。
同僚の男性は川で泳いでいるときに溺れ死亡しています。

裁判で鹿児島地裁の此上恭平裁判長は「6回に渡って被害者をクレーンで吊り上げ振るなどの行為は執拗かつ非常に危険で犯行の経緯に酌むべき点はまったくない」などとして懲役2年の実刑判決を言い渡しました。

判決に対し亡くなった男性の遺族は「今回の判決はあまりにも軽すぎると言わざるを得ず、気持ちの整理がつかない。」とコメントしています。

クレーンを用いた暴行という点や同僚が亡くなっている点などから注目を集めた今回の事件。県警は「傷害致死」容疑での逮捕もしましたが検察は暴行・傷害・強要罪で起訴しました。刑法に詳しい大学の准教授はこの一連の事件をどう見たのでしょうか。

(志學館大学 杉山和之准教授)
「傷害致死が成立するためには暴行行為から死という結果が直接に発生したという因果関係が認められなければならないので、そういった意味ではここを立証するのが難しい事件だったのかなとは思います」

今回話を聞いたのは志學館大学で刑法などを専門としている杉山和之准教授です。
それぞれの罪で、問える量刑には違いがありますが、刑法に詳しい専門的な視点からは今回の判決をどう見たのでしょうか。

(志學館大学 杉山和之准教授)
「実刑という点での重さはあると思う。社会復帰のために支援がなされたり反省の態度を示している点などを考えて軽くなったとは思うけど、それでも実刑とはいえ懲役2年なので。複数回こういう行為が行われていたこと、クレーンでで吊り上げるという極めて危険な行為であるということを考えると通常の傷害事件などと比べてもはるかに重大な事件だと思います。そういったことを考えると懲役2年というのは軽いのかなと思います」

【これは遺族納得しないでしょ!被害者の反応を楽しんむ行為が許せない。『山下昌司 男に懲役2年の実刑 量刑どうみる?』】の続きを読む


あらら!全国指名手配、これからどうやって生きて行く?『誤振込の4630万円返還拒否の重い代償…』


誤振込の4630万円返還拒否の重い代償…仕事退職、20代で氏名も晒され“指名手配”状態に
…先月8日、山口県阿武町が新型コロナウイルス対策による住民税非課税世帯への給付金を、誤って1世帯に4630万円を振り込んでしまった問題。未だに世帯主は…
(出典:女性自身)


先月8日、山口県阿武町が新型コロナウイルス対策による住民税非課税世帯への給付金を、誤って1世帯に4630万円を振り込んでしまった問題。未だに世帯主は返金に応じないなど、さらなる余波が広がっている。

「もともと臨時特別給付金として、463世帯に10万円ずつ振り込まれる予定でした。しかし町の職員が本来の手続きとは別に、1世帯だけ記載された振込依頼書を誤って銀行に提出してしまったのです。銀行から指摘があってはじめて、誤振込みだと発覚しました。

この世帯主は、同町がPRする『空き屋バンク制度』を利用して’20年10月に転入してきた24歳の男性。町は男性の母親にも協力を仰いで返還を求めましたが、男性は『金はすでに動かした。もう戻せない。罪は償う』と拒否したのです。加えてその後、2週間かけて4630万円をほぼ全額出金していました」(全国紙記者)

阿武町は5月12日、この男性に対して「不当利得の返還」を求めて提訴したことを町の公式サイトで発表。誤振込みをした4630万円に加え、弁護士費用や諸経費を含んだ5115万9939円の支払いを求めている。

さらに、町が発表した訴状の概要には、男性の氏名、住所が明記されていたのだ。前出の全国紙記者が続ける。

「この個人情報は瞬く間にSNS上で拡散され、町の公式サイトはサーバーダウンする事態に。すでに男性は仕事も辞めて行方不明だといいますが、本名が晒されてしまったことで“全国指名手配”状態といっても過言ではありません。『人生100年時代』と言われるこの社会で、20代の若さで身を潜めながら生活し続けるのは難しいのではないでしょうか」

ひと月の支出を20万円と仮定しても、持ち逃げした4630万円は19年と3ヶ月ほどで尽きてしまう。働かず、誤って振り込まれた給付金だけで残りの人生を生きていくのは難しいことが予想される。SNS上では、20代男性のその後の人生を案じる声が相次いでいる。

《4630万円って高額なものの、20代が仮に騙し取れても死ぬまで遊んで暮らすには足りないし、それで人生めちゃくちゃになるなら大人しく返したほうがいいと思うんよな》
《山口県の4630万円の持逃げの件ですが、まだ20代なのに、今後、どうやって生きていくつもりかと思います。住民票移さなければ年金も保険もないし、移せば追いかけられる。今後受けれない行政サービスも出てくるでしょう。氏名公表で就職も厳しくなるでしょうし》
《自治体から4630万円誤振込されて返還拒否って逃げてる人のニュース、4630万円は人生勝ち逃げできる額ではないから微妙だよね……》

【あらら!全国指名手配、これからどうやって生きて行く?『誤振込の4630万円返還拒否の重い代償…』】の続きを読む


姑息だね、33歳なら正攻法で行けよ、でも未成年は駄目ですよ。『女子高生に「変な人が後つけている、カップルのふりしよう」…公園に連れ込み胸触る』


女子高生に「変な人が後つけている、カップルのふりしよう」…公園に連れ込み胸触る
 警視庁福生署は13日、東京都福生市、無職の男(33)をわいせつ目的誘拐と強制わいせつの疑いで逮捕したと発表した。逮捕は11日。
(出典:読売新聞オンライン)


警視庁福生署は13日、東京都福生市、無職の男(33)をわいせつ目的誘拐と強制わいせつの疑いで逮捕したと発表した。逮捕は11日。

発表によると、男は4月7日深夜、福生市の路上で帰宅途中の女子高校生に「あなたが変な人に後をつけられている。カップルのふりをしよう」と言って近くの公園に連れ込み、胸を触るなどした疑い。「触ったが、誘拐しようという認識はなかった」と容疑を一部否認している。

【姑息だね、33歳なら正攻法で行けよ、でも未成年は駄目ですよ。『女子高生に「変な人が後つけている、カップルのふりしよう」…公園に連れ込み胸触る』】の続きを読む

このページのトップヘ