事故


確かに富士急はやばい、絶叫は楽しいけど骨折してまで乗りたくないですね。『富士急ハイランドの主力コースター、知事が停止要請』


富士急ハイランドの主力コースター、知事が停止要請
…山梨県の長崎幸太郎知事は1日に臨時記者会見を開き、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)に対し、主力コースターの運行停止を要請したことを明らかにした。
(出典:産経新聞)


山梨県の長崎幸太郎知事は1日に臨時記者会見を開き、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)に対し、主力コースターの運行停止を要請したことを明らかにした。コースター「ド・ドドンパ」利用客で骨折が相次いでいることを発表したのに続き、先月22日、他のアトラクションの利用客2人から骨折の申し出があったとハイランドが発表したことを受けての措置。

長崎氏は「(ハイランドは)来園者の負傷の原因などが特定できていないまま運行を続けている。来庁しての説明を求めたが、応じず、不誠実な対応だ」として、運行停止という厳しい要請を出した理由を説明した。今回の要請では法的な拘束力はないものの、状況が改善しない場合は「法的な処置もあり得る」と強調した。先月29日に要請をハイランドに通達している。

先月22日のハイランドの発表では、10月上旬に「FUJIYAMA」や「高飛車」など複数のアトラクションに乗った20代女性から、肋骨骨折が判明したと連絡があった。11月中旬に複数のアトラクションを利用した40代女性からは、腰椎を圧迫骨折したと申し出があった。いずれも来園当日は負傷の連絡などはなかったが後日、医師の診断を受けて骨折が判明したという。

ハイランドでは、ほかの医師の意見を受け、アトラクション利用と骨折との因果関係は明確でないとの考えを示している。

【確かに富士急はやばい、絶叫は楽しいけど骨折してまで乗りたくないですね。『富士急ハイランドの主力コースター、知事が停止要請』】の続きを読む


色々考えるね、木炭に練りこんでどうやって抽出するんだろう?『覚醒剤入り木炭24トン所持疑い 過去最大量の摘発か』


覚醒剤入り木炭24トン所持疑い 過去最大量の摘発か
 静岡県浜松市内の倉庫で、覚醒剤が練りこまれた木炭24トンを所持したとして、ブラジル人の男ら5人が逮捕されました。過去最大量の摘発になる可能性がある…
(出典:テレビ朝日系(ANN))


静岡県浜松市内の倉庫で、覚醒剤が練りこまれた木炭24トンを所持したとして、ブラジル人の男ら5人が逮捕されました。過去最大量の摘発になる可能性があるということです。

 エライ・エウソン容疑者(54)ら5人は、浜松市内の倉庫で、覚醒剤が練りこまれた木炭およそ24トンを所持した疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、この木炭はトルコからの船便で密輸され、コンテナ2台分、段ボール2400箱の中に入っていたということです。

 警視庁は覚醒剤の含有率などの鑑定を進めていますが、過去最大量の摘発になる可能性があるということです。

 5人はいずれも容疑を否認しています。

 「中身は炭だと思った」などと供述しているということです。

テレビ朝日

【色々考えるね、木炭に練りこんでどうやって抽出するんだろう?『覚醒剤入り木炭24トン所持疑い 過去最大量の摘発か』】の続きを読む


気を付けよう認知症は突然やってくる。『大阪暴走3人死傷 89歳容疑者を釈放』


大阪暴走3人死傷 89歳容疑者を釈放
…大阪府大阪狭山市のスーパー「コノミヤ狭山店」の店先で乗用車が暴走し、巻き込まれた3人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反容疑で逮捕され、19日午前…
(出典:産経新聞)


大阪府大阪狭山市のスーパー「コノミヤ狭山店」の店先で乗用車が暴走し、巻き込まれた3人が死傷した事故で、自動車運転処罰法違反容疑で逮捕され、19日午前に送検された同市の無職の男(89)が同日夜、釈放された。大阪地検堺支部は勾留請求をしていたが大阪地裁堺支部が却下、検察側の準抗告も退けた。高齢であることなどを考慮したとみられる。大阪府警は任意で捜査を続ける。

捜査関係者によると、男は少なくとも過去5年間、事故や違反歴がなく、75歳以上が免許を更新する際に義務付けられている「認知機能検査」でも、直近の更新時では「問題なし」と判断されていた。一方で、今年に入ってから、高齢を理由に運転免許の返納を検討していることを周囲に打ち明けていた。

事故は17日午後発生し、近くにいた同市の無職、岡田博行さん(87)が死亡、男の妻(90)を含む女性2人が重傷を負った。男は事故直前、スーパー近くで停車中だったが、「サイドブレーキをずっとかけていなかった」と説明しているという。

【気を付けよう認知症は突然やってくる。『大阪暴走3人死傷 89歳容疑者を釈放』】の続きを読む


89歳か!悲しい思いする前に高齢者は免許書返還すべき『「止まれ!」「ギャー」 スーパーで車急発進、現場に怒号と悲鳴』


「止まれ!」「ギャー」 スーパーで車急発進、現場に怒号と悲鳴
 17日午後0時10分ごろ、大阪狭山市大野台2のスーパーマーケット「コノミヤ狭山店」で、乗用車が急発進とバックを繰り返し、通行人ら男女3人が相次いで…
(出典:毎日新聞)


 17日午後0時10分ごろ、大阪狭山市大野台2のスーパーマーケット「コノミヤ狭山店」で、乗用車が急発進とバックを繰り返し、通行人ら男女3人が相次いではねられた。このうち、買い物中だった無職の岡田博行さん(87)=大阪狭山市西山台1=が搬送先の病院で死亡。他の高齢女性2人は重傷を負った。大阪府警黒山署は車を運転していた近くの職業不詳、横山孝容疑者(89)を自動車運転処罰法違反(過失致傷)の疑いで現行犯逮捕した。

 買い物客らでにぎわうスーパーが暗転した。「止まれ! 止まれ!」「ギャー」。現場で怒号や悲鳴が飛び交う中、横山孝容疑者が運転した乗用車は急発進とバックを繰り返し、男女3人を次々とはねた。

 横山容疑者は逮捕後、「買い物中の妻を迎えるためにトランクを開けて待っていたら、車がじわじわと走り出した」と供述。車はこの直後に猛スピードで急発進したとされる。

 目撃者や入手した付近の防犯カメラ映像によると、車は店舗前の自動販売機や商品の陳列棚をなぎ倒したほか、バックの際は店舗に面した歩道の街路灯にもぶつかった。近くで交通違反を取り締まっていた警察官は「おい、止まれ!」などと怒鳴り声を上げ、車に停止を求めていた。停車した車のボンネットはひしゃげていたという。

 近くの化粧品店に勤める女性従業員(63)は当時、車がバックした直後に「ギャー」という叫び声を聞いた。現場に到着した救急隊員は店舗の敷地内でうつぶせに倒れた高齢男性に対し、心臓マッサージを懸命に続けていた。女性は「車が自分の店にも突っ込んでくるのではないかと恐怖しかなかった」と話した。

 付近の美容室で働く女性美容師(64)によると、大けがをしてぐったりと倒れ込む女性のそばでは、夫とみられる男性が座り込み、「早く助けてくれ」と叫ぶ姿もあった。

 横山容疑者は現場から徒歩圏内の住宅で妻と2人で暮らす。近所の住民によると、横山容疑者は妻と仲が良く、近隣住民には得意の煮物料理をふるまうなど社交的な性格で知られていた。近くに住む女性(85)は「あんな気さくな人が事故を起こすとはショックでならない。私も車に乗せてもらったことがあるが、安全運転をいつも心がけている人だったのに」と語った。【清水晃平、古川幸奈】

「また子供に風車を」死亡の岡田さん

 亡くなった岡田博行さんの親族女性は毎日新聞の取材に応じ、「突然命を奪われるなんてつらくて悔しい」と言葉を詰まらせた。

 女性によると、岡田さんは定年退職まで会社員として働いた後、地域のボランティア活動に熱心だった。子供会にもよく顔を出し、子供に寄り添って風車作りなどを手助けしていた。

 岡田さんはこの日、検査で病院に行った後、スーパーに立ち寄ったとみられる。女性は岡田さんを車で病院に送り、車内で「帰り道は気をつけてね」と言葉を掛けたのが最後のやり取りになってしまったという。

 女性は「(岡田さんは)車の中で、『年明けにはまた子供に風車を作ってあげられる』とうれしそうに話していたんです。この現実を信じたくない」と話した。【清水晃平】

【89歳か!悲しい思いする前に高齢者は免許書返還すべき『「止まれ!」「ギャー」 スーパーで車急発進、現場に怒号と悲鳴』】の続きを読む


なぜ?以前から埼玉県が最多な理由?『埼玉県が死亡事故ワースト1位 「路上寝込み」とは』


埼玉県が死亡事故ワースト1位 「路上寝込み」とは
…「路上寝込み等」という聞き慣れない分類の死亡交通事故の発生に埼玉県警が神経をとがらせている。今年1~9月の全国の死者54人のうち、都道府県別で最多と…
(出典:産経新聞)


「路上寝込み等」という聞き慣れない分類の死亡交通事故の発生に埼玉県警が神経をとがらせている。今年1~9月の全国の死者54人のうち、都道府県別で最多となる7人が県内で占められたためだ。

「路上寝込み等」の死亡交通事故は、路上で寝そべっていたり酒に酔った状態でふらついたりしていた人が車にはねられるなどして死亡したケースを指す。1月13日未明には、埼玉県鴻巣市の国道17号で、道路上に何らかの理由で倒れていた無職の男性(79)が複数台の車にはねられ死亡する事故が起きた。

埼玉県に次いで死者が多かったのは5人の東京都で、4人の群馬、茨城、新潟各県が続いた。

埼玉県警交通総務課の担当者は、夜間や未明に起きる事例が圧倒的に多いとして、状況に応じて前照灯をハイビームにするようドライバーに呼び掛けている。歩行者に対しては、深酒をしないことや飲酒後は家族に迎えに来てもらうことを求め「安全に帰宅する方法を考えてほしい」と話した。(深津響)

【なぜ?以前から埼玉県が最多な理由?『埼玉県が死亡事故ワースト1位 「路上寝込み」とは』】の続きを読む

このページのトップヘ