これは手厳しい!小泉進次郎「嫌い」。無能なのはみんな同じですけどね(笑)


小泉進次郎氏、国民の人気なかった? 「好きな政治家」調査でトップ10入らず 〈週刊朝日〉
…はなさそうだし、ぜひともこの間に精進してほしい。(本誌・菊地武顕) ※週刊朝日  2021年10月22日号…
(出典:AERA dot.)


「国民の人気が高い」というのは、この人の枕詞だったはず。ところが小泉進次郎氏は「好き」9票でランクインできず。「嫌い」も圏外だが14票で「好き」を上回った。

 総裁選で「小石河」と呼ばれたが、河野、石破両氏とは決定的な差が出た。どうしてこんなことに? 「嫌い」の理由を見てみよう。

「国民のことをまったく考えておらず、自分のことしか考えていない」(46歳・東京都・女性)、「無能」(63歳・神奈川県・男性)、「自分ファースト」(51歳・東京都・男性)、「親の七光り。見ててイライラする」(24歳・北海道・男性)、「ただの目立ちたがり屋で無能」(72歳・東京都・女性)、「人気取り。国民を愚民とばかにしている」(51歳・東京都・女性)などさんざん。

「父は純一郎さんだし、イケメンで、鳴り物入りで政界入りしたから、女性のファンも多かった。でも実際はからっぽでした。菅さんが辞めるとき、なんでお前が泣いてるんだと思った人は多いでしょう。自分に酔っているだけの人ですし、嫌われる勇気もありません」(作家の鈴木涼美さん)

「政治の世界では、挨拶だけがうまい“司会議員”というのがいますが、それに近いのでは。器ではないことが、入閣してばれました」(政治ジャーナリストの角谷浩一さん)

 しばらく要職に就くことはなさそうだし、ぜひともこの間に精進してほしい。(本誌・菊地武顕)

※週刊朝日  2021年10月22日号

【これは手厳しい!小泉進次郎「嫌い」。無能なのはみんな同じですけどね(笑)】の続きを読む