小室圭


どこから出た解決金409万3000円、謎が多いですね。『元婚約者へ解決金409万3000円支払い 振込人名義は小室さんではなく…』


小室圭さん側 元婚約者へ解決金409万3000円支払い 振込人名義は小室さんではなく…
 秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(30)の母親と元婚約者の金銭トラブルを巡り、小室さん側が解決金元婚約者側に支払ったことが…
(出典:スポニチアネックス)


秋篠宮ご夫妻の長女、眞子さん(30)と結婚した小室圭さん(30)の母親と元婚約者の金銭トラブルを巡り、小室さん側が解決金元婚約者側に支払ったことが18日、分かった。元婚約者の代理人が明らかにした。

金額は409万3000円で、元婚約者が小室家への支援名目で支払った額と同額という。これで、結婚延期の原因となっていた金銭トラブルは解決することになる。振り込み人名義は小室さんでなく「ベンゴシ ウエシバ」だったという。

 小室さんは渡米前の12日に、母親・佳代さんの元婚約者と面会。金銭トラブルの解決で合意していた。解決金の金額は元婚約者が返済を求めていた額だという。

 ニューヨーク州の弁護士試験に不合格となり「ロークラーク(法律事務員)」の肩書のまま現地の法律事務所で働く小室さんの年収は約600万円とみられている。解決金の資金の出どころについて、面会に同席した元婚約者の代理人は「話し合いでは出なかった」と語った。小室さんと元婚約者が握手を交わす場面もあったが、双方とも終始硬い表情だったという。

【どこから出た解決金409万3000円、謎が多いですね。『元婚約者へ解決金409万3000円支払い 振込人名義は小室さんではなく…』】の続きを読む


なんだかな?『小室圭さんの就職先HP 日本からのアクセスだけを拒否』


小室圭さんの就職先HP 日本からのアクセスだけを拒否
 秋篠宮家の長女・眞子さん(30)と先月26日に結婚した小室圭さん(30)の米国の就職先法律事務所のHP(ホームページ)が、日本からのアクセスだけを…
(出典:文春オンライン)


秋篠宮家の長女・眞子さん(30)と先月26日に結婚した小室圭さん(30)の米国の就職先法律事務所のHP(ホームページ)が、日本からのアクセスだけをシャットアウトしていたことが「週刊文春」の取材で分かった。

発端は、小室さんのNY州司法試験の結果発表を巡る騒動だった。宮内庁担当記者が語る。

「10月29日の夜10時過ぎ、NY州司法試験の合格者一覧が当該サイトに発表されると、そこに小室さんの名前がなかったことから、『小室さんは不合格だったのでは?』『いや、合格者の総数と、合格者一覧の数が6名合わない。合否の公表を拒否した6名の中に小室さんが含まれるのではないか』などと情報が錯そうした。これまで勤務先のHPには小室さんの属性がlaw clerk(法務助手)と記されていたので、それが書き換えられれば合格が分かるのではないかと考えた人々のアクセスが急激に殺到したのです」

 そして、30日の未明ごろからは、当該HPを開こうとしても、エラーが表示されるだけで一切見られなくなってしまったのだ。小室さんのページが見られなくなったことで、さまざまな憶測が広がっていた。

 だが、「週刊文春」の取材では、HPが開けないのは日本からのアクセスに限ったものだった。

「日本からのアクセスがあまりに殺到したからでしょう。事務所側が日本からのアクセスのみを遮断したものと見られます」(IT関係者)

 小誌がアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ、韓国などの主要国のIPアドレスからのアクセスを試したところ、すべて閲覧可能だった。

 11月2日(火)16時配信の「 週刊文春 電子版 」および、11月4日(木)発売の「週刊文春」では、司法試験不合格となった小室圭さんの過去の勤務先での評判や、1位を獲得したNY州弁護士会主催の論文コンペの詳細、また眞子さんが今後就職する可能性が考えられる3つの候補先などについて5ページにわたって報じている。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年11月11日号

【なんだかな?『小室圭さんの就職先HP 日本からのアクセスだけを拒否』】の続きを読む


母親は別だけどもう2人にはそっとしておいてで祝ってあげようよ。『バッシングで眞子さんとの挙式かなわず…小室圭さんが最後まで持ち続けた「帝国ホテル愛」』


バッシングで眞子さんとの挙式かなわず…小室圭さんが最後まで持ち続けた「帝国ホテル愛」
 それでもバッシングはやみそうにない。  秋篠宮家の長女・小室眞子さん(30)が28日に〈小室圭さんと夫婦初お出掛け〉と報じられるやいなや、ネット上…
(出典:日刊ゲンダイDIGITAL)


それでもバッシングはやみそうにない。

 秋篠宮家の長女・小室眞子さん(30)が28日に〈小室圭さんと夫婦初お出掛け〉と報じられるやいなや、ネット上にはネガティブなコメントが殺到した。やはり26日の結婚会見が尾を引いているようだ。

眞子さんが「複雑性PTSD」ということもあり、会見は直前になって質疑応答なしに変更されたが、〈納得できない〉という“アンチ”はいまだに少なくない。

「2018年9月に婚約内定を発表した際には、『納采の儀』などの儀式が実施され、2人の挙式は『帝国ホテル』で行われる予定だったんですが……それも圭さんの母・佳代さんの金銭トラブルへの批判によってかなわなくなりました」(皇室ジャーナリスト)

 圭さんが9月27日に緊急帰国した際も、結婚会見は帝国ホテルで行われるという情報が流れた。

「圭さんはニューヨークから成田空港に着いた足で帝国ホテルへ向かい、自主隔離期間中の2週間の滞在予定でしたが、滞在費や警備の点で疑問の声が上がったため、直前に急きょ、横浜市の実家マンションでの滞在に変更されたようです」(女性誌記者)

■結婚会見は帝国ホテル運営の会場

 結局、会見は皇居正面にあるグランドアーク半蔵門で開かれたが、帝国ホテルは、圭さんが成人式の写真撮影をした思い出深い場所だ。

「黒田清子さんが夫の慶樹さんと結婚式をした場所でもあります。ただ、グランドアーク半蔵門を運営しているのが帝国ホテルという点に、小室さんの思い入れを感じました」(前出の皇室ジャーナリスト)

 会見の費用は当然、小室さん夫妻持ちだが、「眞子さん、イコール税金負担という疑いの声も上がっています」(前出の女性誌記者)。

 そのため、さらに高額な帝国ホテルを選んでいたとすれば、大きな批判にさらされていたのではとみる向きもある。

 現在、家賃月80万円ともいわれる渋谷区の賃貸マンションに滞在中の小室さん夫妻。ニューヨークに行ってしまえば、心置きなくお気に入りのホテルを見つけることができるだろう。

【母親は別だけどもう2人にはそっとしておいてで祝ってあげようよ。『バッシングで眞子さんとの挙式かなわず…小室圭さんが最後まで持ち続けた「帝国ホテル愛」』】の続きを読む


秋篠宮ご夫妻二人の結婚認めたの?『小室さん、結婚あいさつへ 秋篠宮ご夫妻を18日訪問』


小室さん、結婚あいさつへ 秋篠宮ご夫妻を18日訪問
 宮内庁は15日、秋篠宮家の長女眞子さま(29)の結婚を巡り、小室圭さん(30)があいさつのため、秋篠宮ご夫妻と東京・元赤坂の赤坂御用地内で18日に…
(出典:共同通信)


宮内庁は15日、秋篠宮家の長女眞子さま(29)の結婚を巡り、小室圭さん(30)があいさつのため、秋篠宮ご夫妻と東京・元赤坂の赤坂御用地内で18日に面会することを明らかにした。結婚に反発を招いた小室家の金銭トラブルへの対応についても説明するとみられる。眞子さまとは約3年ぶりに再会する。

 結婚は26日に予定されているが、秋篠宮さまは宮内庁を通じて「多くの人が納得し、喜んでいる状況ではない」との認識を示されていた。

 宮内庁は15日、結婚に向けた眞子さまの日程も発表。19日に皇居・宮中三殿を参拝し、22日は皇居・御所を訪れる。25日には上皇ご夫妻へあいさつする。

【秋篠宮ご夫妻二人の結婚認めたの?『小室さん、結婚あいさつへ 秋篠宮ご夫妻を18日訪問』】の続きを読む


もうすでに手に入れたもんだから愛想は振りまくことないね。皇室ブランドが欲しかっただけ!


小室圭さん、記者の呼びかけを「ガン無視」 突撃取材への態度に「しつこいのはわかるけど...」
 秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんの様子が、2021年9月24日放送の朝の情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)で放送さ…
(出典:J-CASTニュース)


秋篠宮家の長女・眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんの様子が、2021年9月24日放送の朝の情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)で放送された。

インターネット上では、長髪ポニーテールという容姿に大きな注目が集まったが、それだけでなく、報道陣への対応にも疑問を感じたとする声が相次いでいる。

■「記者がしつこいのはわかるけど...」

 FNNの取材陣が、ニューヨークの街を歩く小室さんを直撃した。「めざましテレビ」などで流れたその映像をみると、スーツ姿の小室さんは長い髪を後ろでまとめたポニーテール姿。SNS上では、短髪だった以前との変化に驚く声が相次いでいた。

 小室さんの態度にも注目が集まっている。

 映像を見る限り、両耳にイヤホンをつけた小室さんは、記者の呼びかけや質問には答えず、早足で歩き続けた。「一言だけでも」と追いすがる記者だったが、小室さんはこれにも何も応じず。めざましテレビの放送の中でも、

「記者の質問には一切答えなかった」

と伝えられていた。

 小室さんは両耳にイヤホンをつけ、右手でビジネスバッグ。左手にポケットに手を入れたまま歩く場面もあった。また、街中で歩きながらスマートフォンを使う姿も映っていた。

 こうした小室さんの様子に対して、ネット上では、

「髪型を変えて、歩く時はポケットに手を突っ込んだまま記者をガン無視...記者に笑顔でお辞儀をしてから通り過ぎていた小室圭さんはもう居ない...」
  「小室圭氏、髪型もさることながらどんなに記者がうざかろうとポケットに手を入れてガン無視なのなかなかの衝撃だな」
  「記者がしつこいのはわかるけど、会釈と笑顔くらい振る舞ったらいいのに」

といった反応が。その一方で、「無視したい気持ちはわかる」「取材される側だったら嫌だよね。小室さんも、自分の予定があるだろうし」と同情するユーザーも出ていた。

「皇室の方とご結婚されるのであれば...」
 元衆院議員の金子恵美氏も同日放送の「めざまし8」(フジテレビ系)で、小室さんの映像について、

「私は今のVTRを見て、一般の方ですし突然の取材ですから対応しなくてもいいのかもしれないんですけど」

と小室さんの立場を慮りつつ、

「これから眞子さまとご結婚、皇室の方とご結婚されるのであれば、もう少し丁寧に日本のメディアに対応した方が印象はよかったんじゃないかなと私は個人的に思いました」

と小室さんの態度に疑問を投げかけた。

【もうすでに手に入れたもんだから愛想は振りまくことないね。皇室ブランドが欲しかっただけ!】の続きを読む

このページのトップヘ