本当に怖い時代になった。自分の身は自分で守る。『スケートボードの少年に問いかけ、知らないと言われると…顔を何度も殴り、逮捕の40歳「もめたけど、暴行してない」と否認』


スケートボードの少年に問いかけ、知らないと言われると…顔を何度も殴り、逮捕の40歳「もめたけど、暴行してない」と否認
 4日夜、東京オリンピックで話題のスケートボードなどが楽しめる釧路市の“スポーツパーク”で、18歳の少年の顔を何度も殴ったとして40歳の男が逮捕され…
(出典:HBCニュース)


4日夜、東京オリンピックで話題のスケートボードなどが楽しめる釧路市の“スポーツパーク”で、18歳の少年の顔を何度も殴ったとして40歳の男が逮捕されました。

 暴行の疑いで逮捕されたのは、釧路市宮本の自称・建設作業員の40歳の男です。この男は4日午後8時20分ごろ、釧路市南浜町の「釧路ストリートスポーツパーク」で、スケートボードをしていた18歳の少年の顔を何度も殴った疑いが持たれています。
 警察によりますと、男は知人男性と2人でスポーツパークにやって来て、スケートボードをしていた少年に「〇〇を知っているか?」と問いかけました。少年が「知らない」とこたえると、いきなり顔を殴っていました。少年の友人が通報、男は駆け付けた警察官にその場で逮捕されました。
 警察は当初、自称・建設作業員の40歳の男が酒に酔っていたと話していましたが、その後の取り調べに対しては「もめたけど、暴行してない」などと話し、容疑を否認しています。警察は引き続き経緯などを詳しく調べて、容疑の裏付けをすすめています。
 「釧路ストリートスポーツパーク」は釧路市が2004年に設立~運営していて、東京オリンピックで話題のスケートボードやBMX、インラインスケートなどが楽しめるため、地元の若い人たちの人気スポットになっています。

【本当に怖い時代になった。自分の身は自分で守る。『スケートボードの少年に問いかけ、知らないと言われると…顔を何度も殴り、逮捕の40歳「もめたけど、暴行してない」と否認』】の続きを読む